入山法子“江美”、関係を持った稲葉友“岩崎”に彼女がいることを知る

公開:
入山法子“江美”、関係を持った稲葉友“岩崎”に彼女がいることを知る

ドラマイズム『明日、私は誰かのカノジョ シーズン2』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜25:28~)の最終話(第7話)が、6月27日に放送される。

本作は、2022年4月期に放送された『明日、私は誰かのカノジョ』の続編。生活費、学費やブランド品まで、自分で稼ぐために高級ソープランド店で働く女子大学生・留奈(茅島みずき)と、留奈と同じ店で働く江美(入山法子)のリアルな生き様が描かれる。

先週放送された第6話で江美は心酔するレター先生(橋本マナミ)から、「運命の出会いがあります」と予言される。江美は勤務先のスナックの常連客・岩崎(稲葉友)が運命の人ではないかと思い始め、岩崎に誘われるがまま一夜を共にする。

<最終話あらすじ>
サチコに誘われて旦那・タケの浮気調査に付き合うことになった江美(入山)。そこにやってきたのは女性ではなく、飲みに行った帰り、体の関係を持ってしまった岩崎(稲葉)だった。タケとの会話から、岩崎に彼女がいることを知り、また、岩崎と江美の関係、そして、タケが通っているスナックで働いていることを隠していたことがサチコにバレてしまう。

岩崎(稲葉友)
岩崎(稲葉友)

すべてが上手く行かず、絶望の淵に立った江美が、レター先生(橋本)に伝えた思いとは? そして、江美はサチコと共に東京に向かい……。

留奈(茅島みずき)
留奈(茅島みずき)

一方、大学に復学した留奈(茅島)は、新たな目標に向かって前に進むのだった。

画像ギャラリー

PICK UP