生駒里奈、事件の被害者役で出演!内藤剛志主演『警視庁強行犯係樋口顕 雛菊』

公開: 更新:
生駒里奈、事件の被害者役で出演!内藤剛志主演『警視庁強行犯係樋口顕 雛菊』

生駒里奈が、6月26日(月)20時より放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される、内藤剛志主演の月曜プレミア8枠のドラマ『警視庁強行犯係樋口顕 雛菊』(テレビ東京系)に出演する。

本格警察小説の名手・今野敏の原作による本格ミステリーをドラマ化した「強行犯係 樋口顕」シリーズは、20年にわたりスペシャルドラマとして12作放送され、2021年には「金曜8時のドラマ」枠で初の連続ドラマとして放送された大人気シリーズ。今回、待望の新作がスペシャルドラマとして放送される。

主役の警視庁刑事部捜査一課強行犯係の警部・樋口顕を演じるのは、これまでのシリーズ同様、数々の刑事役を務めてきた“刑事ドラマのスペシャリスト” =内藤。ゲストキャストとして出演する生駒は、事件の被害者であり、かつて幼児誘拐を行った太田ひろ子役を演じる。

<あらすじ>
芝浦埠頭で太田ひろ子(生駒)の絞殺体が発見され、警視庁捜査一課・強行犯係の樋口顕(内藤)らは捜査を開始する。氏家譲(佐野史郎)の情報により、被害者には6年前に夫・山下淳史(武田航平)と愛人・菜摘(瀬戸さおり)の間に生まれた子を誘拐した過去があることが分かった。

夫との離婚後、ひろ子は狛江市の介護施設に勤務していたが、介護施設を開業する夢を叶えるため10日ほど前に退職。同僚は故郷の静岡県・八幡野に帰ったと思っていたという。そんな折、先月半ばにひろ子の家の前で、山下が「話を聞いてくれ!」と叫んでいたことがわかり……。

画像ギャラリー