福本大晴“晃”が会社を辞める!?桐山照史“猿川”は強引に連れ出し…

公開:
福本大晴“晃”が会社を辞める!?桐山照史“猿川”は強引に連れ出し…

ジャニーズWESTの桐山照史が主演を務める木ドラ24『ゲキカラドウ2』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の第12話(最終話)が、6月22日に放送される。

2021年1月期に放送され、桐山のドラマ単独初主演作となった『ゲキカラドウ』。桐山の豪快な食べっぷりや辛そうなのにとても美味しそうに見える激辛グルメの数々、そして「激辛道=ゲキカラドウ」を真剣に追い求める主人公・猿川健太が一皮も二皮もむけていく成長物語が好評を博し、究極のグルメドラマと“激辛界”で話題沸騰となったドラマの続編。シーズン2では、「ロンロン」東京支社の営業促進室になくてはならない存在となっている猿川に後輩ができる。それは鴨下逸郎社長(高田純次)の息子・晃(福本大晴Aぇ!group関西ジャニーズJr.)だった。

前回の第11話で、ロンロンが買収される危機に陥った猿川たち。「茶王」の傘下に入るかの回答期限が迫る中、CEO・ワン(和田聰宏)らを町中華へ連れて行き……というストーリーが展開された。

<第11話あらすじ>
鴨下(高田)社長から、晃(福本)を大阪本社に呼び戻し、後継者にする準備をしたいと話をされた猿川健太(桐山)。晃の成長を目の当たりにし、感心していた猿川は賛同する。

翌日、猿川と晃がいつものように激辛料理を食べていると、晃はどこか浮かない表情をしていた。晃は、ロンロンを辞めようと思っていたのだ。そのことを知り、突然のことで戸惑う猿川は、退職の話を進めようとする晃を強引に連れ出しある課題を出す……。

なお現在「TVer」では、最新話のほか第1話や記者会見映像、予告動画も配信中。

画像ギャラリー