『ガチ恋粘着獣』石井杏奈“琴乃”と山下幸輝“コスモ”、ガチ恋女と推しの恋の結末は? 【ネタバレあり】

公開:
『ガチ恋粘着獣』石井杏奈“琴乃”と山下幸輝“コスモ”、ガチ恋女と推しの恋の結末は? 【ネタバレあり】

香音石井杏奈がW主演を務めるドラマL『ガチ恋粘着獣』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:55~)の最終話が、6月10日・11日に放送。“ガチ恋女”花織琴乃(石井)とその推し・コスモ(山下幸輝)の恋の結末に注目が集まった(以下ネタバレが含まれます)。

古参ファン・はるみ(天野はな)がステージに乱入し、コスモを切りつけた。その瞬間を目の当たりにした琴乃もステージに上がりはるみを殴ろうとするのだが、思いとどまって「私の身勝手で一方的で最低な恋のせいで、こんなことに……」と自分のせいでこのような騒動を起こしてしまったと泣き崩れる。

それに対し「お前が反省するために、私の恋を消費しないでくれる?」と吐き捨てたはるみ。それをコスモは「恋とかそんな言葉で誤魔化すな! 人のことも自分のことも傷つけるのはやめてくれ」と戒めるのだが、その際、名前を呼んだことではるみは「名前、覚えてくれたんだ。ズルして良かった」と泣きながら笑みを浮かべ喜ぶのだった。

それから数日後、コスモから呼び出された琴乃。コスモは琴乃へ怒鳴ったこと、琴乃はコスモに隠し事をしていたことをお互い謝る中で、コスモは「琴乃さんのことが好きです」と自分の恋心は本物だったと告白。しかし、琴乃はこれまでコスモの配信を荒らしたことやファンへ嫌がらせをしたことがあることを打ち明け「あなたにしてあげられることなんて何にもない」と拒否する。

そんな琴乃だとしても「しょうがないだろ、好きになっちゃったんだから」と強引に思いをぶつけたコスモ。好意を押し付けられることを「気持ち悪い」と思っていたにもかかわらず、同じような行動を取る自分を反省するのだが、琴乃はそんなコスモの“ガチ恋女”だからと受け入れ、彼の手を取るのだった。

SNS上では「コスモと琴乃が幸せになって良かった」「ラブラブの2人がもっと見たかった」というコメントが上がる一方、「コスモと琴乃はくっついたけど、節度を持って推しを応援しなきゃと思った」と教訓にしようとする声も多く上がっていた。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、最新話のほか、第1話~第3話やTVer限定スピンオフ動画なども配信中。

PICK UP