西島秀俊“シロさん”、食費の値上げを検討!?『きのう何食べた?』season2が決定

公開:
ケンジ(内野聖陽)とシロさん(西島秀俊)
最新エピソードを無料視聴
ケンジ(内野聖陽)とシロさん(西島秀俊)

西島秀俊内野聖陽がダブル主演を務めた『きのう何食べた?』(テレビ東京系、2023年10月クール毎週金曜24:12~)の season2の放送が決定した。

原作は、シリーズ累計 945 万部(電子版を含む)突破のよしながふみによる人気漫画。2LDK のマンションで同居する、料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん/西島)と、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ/内野)の毎日の食を通して浮かび上がる、男2人暮らしの人生の機微。ほろ苦くてあたたかな2人の日々をリアルに描き、2019年4月クールで放送されたseason1では、Twitterの世界トレンド1位、見逃し配信の再生数が全12話100万回再生超える人気作に。その後、2020年元日には正月スペシャルドラマが放送、2021年には映画化もされ、興行収入14.1億円の大ヒットとなった。

ドラマの続編を望む声が多かった本作のseason2がついに決定。今回は、アラフィフに突入したシロさんとケンジの日常が描かれる。今までと変わらないゆっくりとした日常の中に訪れるちょっとした変化――。生きていれば誰もが経験する環境の変化や身体的・精神的な変化をシロさんとケンジも経験していく。

そしてもう一つの主役ともいえるのが、2人の食卓を飾る「美味しく安上がりな手料理」。今回も、毎話披露される料理は、味はもちろんのこと、実用的なレシピばかり! はやくも期待が高まる。

今回の発表を受け、西島、内野、よしながからコメントが到着。以下に紹介する。

――本作の season2が決定した時のご感想をお聞かせください。

西島:この作品に関わった皆が、またもう一度集まってつくりたいという思いがすごくあったので、いろいろと大変なこともあったと思いますが、こうしてseason2としてまたスタートすることができて、本当に嬉しいです。

内野:シロさんケンジが時の流れと共に変わっていくように、生身の演じ手も日々変化していくと思うので、新鮮な気持ちでこの作品と対峙したいなと思いました。

――撮影への意気込みをお聞かせください。

西島:今までみていただいて応援してくださった皆さんに、より楽しんでいただけるように頑張らなきゃなと思っています。このドラマをもっと好きになってもらって、もっと楽しんでもらいたいという思いが、以前も強かったですけど、より強くなっているので、とにかく精一杯頑張りたいと思います。

内野:この作品が肩肘張らない、よりナチュラルなものへと変わって行くとよいなと思います。そして、自分にとっての大切な人を思う時間が増えたらいいなと思います。

――楽しみにしている視聴者・ファンの方へのメッセージをお願い致します。

西島:僕たちが現実世界で経験したことを、この物語の人たちも経験して、僕たちと同じように年をとって少しずつ変わっていくというところを、内野(聖陽)さん、そしてレギュラーの皆さん・ゲストの皆さんと一緒に、丁寧に描けたらと思っています。現場は、今までと同じように、まじめに真剣に一生懸命つくっているメンバーなので、楽しみにしていてください。

内野:『何食べ』のシロさんケンジも人生の新しい段階になってゆくと思います。皆様と一緒に、そこはかとない、優しい世界を感じあえたら素敵だなと思います。

<よしながふみ コメント>
ドラマ season1、お正月スペシャル、映画、そして今回のドラマ season2とこの間に世の中もいろいろな事がありました。私達と同じように年を重ねた史朗と賢二にまた会えると思うと本当にうれしいです。美味しそうなお料理と素敵な劇伴も楽しみです。

【イントロダクション】
小さな弁護士事務所で働く雇われ弁護士・筧史朗(西島)とその恋人で美容師の矢吹賢二(内野)。2人は“シロさん”“ケンジ”と呼び合う恋人同士だ。史朗の日課は、定時に事務所を出た後に近所の安売りスーパーへ向かうこと。お買い得な食材をすばやく吟味しながら、頭の中で瞬時に夕食の献立を組み立てていく。月の食費を2万5千円以内に抑えるのが史朗にとっての重要課題だが、いよいよ限界が近づき値上げを考え始める。さらに、それぞれの勤務先や、男2人暮らしにも徐々に変化が起きてくるのだが……。シロさんとケンジのほろ苦くもあたたかい毎日と、日々の食卓を描いた物語が再び始まります。

画像ギャラリー

PICK UP