北村匠海演じる新人刑事が登場!木村拓哉“風間”の右目負傷に関わる物語が展開

公開:
遠野章宏(北村匠海)
遠野章宏(北村匠海)

木村拓哉が主演を務めるドラマ『風間公親-教場0-』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第5話が5月8日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。新人刑事の遠野章宏(北村匠海)の登場で、ついに『教場』シリーズ最大の謎である風間公親(木村)の右目の負傷に大きく関わる物語が展開される。

警察学校を舞台にしたドラマ『教場』シリーズ(2020年、2021年)が初の連ドラ化。風間が、教官として警察学校に赴任する以前、新人刑事の“刑事指導官”だった時代を描く。赤楚衛二新垣結衣、北村匠海、白石麻衣染谷将太が、それぞれ風間とバディを組む新人刑事を演じる。

先週放送された第4話で風間と新人刑事の隼田聖子(新垣)は工芸家の浦真幹夫(淵上泰史)が殺された事件を捜査することに。容疑者として19歳の大学生・萱場千寿留(生見愛瑠)が浮上するのだが、千寿留は浦真との子供を妊娠していて……。なお現在TVerでは、第1話~第3話が配信中。

<第5話あらすじ>
県警本部捜査一課の刑事指導官・風間公親(木村)のもとへ、新人刑事の遠野章宏(北村)がやってくる。子供のころから警察官になることを夢見ていた遠野は、警察学校を優秀な成績で卒業していた。風間道場で指導を受けることになったのも、警察学校の校長・四方田秀雄(小日向文世)からの強い推薦があったからだった。

遠野章宏(北村匠海)、風間公親(木村拓哉)
遠野章宏(北村匠海)、風間公親(木村拓哉)

ある日、遠野は、風間とともに変死体が見つかった現場に臨場する。死体で発見されたのは、大学教授で地理が専門の梨多真夫(野間口徹)。梨多は独身で、現場となった自宅でひとり暮らしをしていた。第一発見者は、梨多のゼミの教え子・戸守研策(水沢林太郎)で、午後8時頃、卒論のことで教授を訪ねてきた際に死体を見つけたのだという。

梨多は、自宅のテラスから転落し、岩に頭を打ち付けて死亡したものと思われた。死体の近くに一眼レフカメラが落ちていたことから、梨多は写真を撮ろうとして誤って転落した事故死ではないか、と恐る恐る風間に報告する捜査一課の刑事・谷本進一(濱田崇裕/ジャニーズWEST)。一方、遠野は「教授の身になってみます」といって、テラスの柵から乗り出しカメラを構えた。すると遠野は、すぐに「殺人です」と言い出し……。

画像ギャラリー

PICK UP