福山雅治“皆実”、大泉洋“心太朗”の実力をテスト「いいバディになってきた」

公開:
福山雅治“皆実”、大泉洋“心太朗”の実力をテスト「いいバディになってきた」

福山雅治が主演を務める日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第3話が、5月7日に放送。意外な結末に、ネット上では驚きの声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

お騒がせ俳優の本条海斗(藤本涼)が他殺体で発見され、捜査一課に正式配属となった皆実広見(福山)と人材交流企画室室長の護道心太朗(大泉洋)は、顔見知りによる犯行の線で捜査を開始。2人は遺体の第一発見者である大物俳優・羽鳥潤(石黒賢)の仕事場を訪れる。心太朗は羽鳥の仕事場をくまなく調べていた皆実に、気がついたことを共有するように迫るが、「私のバディはそんな必要ないはずですが」と返されてしまう。

さらに皆実と心太朗は、羽鳥とドラマで共演中の女優・篠塚真菜(山下リオ)や、プロデューサー・風間みどり(福田麻貴)とも接触。順調に捜査を進めていた。そんな中、羽鳥が殺害を自供したという連絡が入る。本条の血液がついた羽鳥の台本も新たな証拠として見つかるが、皆実は「羽鳥さんは犯人じゃありません」と断言。誰かに脅されているか、もしくは誰かをかばっている可能性を示唆する。

羽鳥の妻・千晴(映美くらら)にも聞き取り調査を行った皆実は、あることを確信。また、心太朗も自らの力で事件の真相にたどり着いていた。「真犯人はわかりましたか?」という皆実からの問いかけに、「やっぱり試していたんですね」と返す心太朗。「私にとってバディとは命をあずける存在ですからね」という皆実に、心太朗は自身の推理を話す。そして、皆実と心太朗はドラマの関係者の前で、真犯人と本条殺害のトリックを暴くのだった。

真犯人の正体と、ある人物の告白に、ネット上では「めっちゃ面白い展開!」「まさかの衝撃事実」「意外すぎる結末にびっくり」などのコメントが寄せられ、皆実と心太朗の関係性については「いいバディになってきた」「息ピッタリで最高」などの声が上がっていた。

次回、第4話は5月14日に放送。国家規模の事件に絡む要人が殺害され、大掛かりな捜査が始まる。

なお、現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト、見どころSPなども配信中。

PICK UP