川原瑛都“コタロー”の前に白洲迅演じる“父上の敵”が現る!?

公開:
川原瑛都“コタロー”の前に白洲迅演じる“父上の敵”が現る!?

横山裕(関ジャニ∞)が主演を務める『帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)第2話が、4月22日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

2021年4月期にオシドラサタデー枠で放送された横山主演ドラマ『コタローは1人暮らし』の続編。相変わらずな狩野進(横山)×小学生になったさとうコタロー(川原瑛都)の2人がアパートの住人たちと織り成す“日本一優しい”ハートフル・コメディ。

前回第1話では、めでたく小学校に入学したコタロー。ランドセルを背負い、1人で小学校に通っていく姿を、狩野や秋友美月(山本舞香)、そして1階の田丸勇(生瀬勝久)は頼もしくも少し寂しい気持ちで見送るのだった。そんなある日、コタローは突然「しょくぎょうくんれん」を始めると言い出し……。

<第2話あらすじ>
ある日突然、さとうコタロー(川原)の前に現れた謎の大学院生・宇田桃葉(白洲迅)。「アパートの清水」の103号室に引っ越してきたというこの男は、コタローいわく「父上の存在を知りながら母上をゆーわく致した“母上ゆーわく男”」――つまり「父上の敵」だというのだ。

コタローがこれほどまでに人を嫌う姿を初めて目にした狩野進(横山)は、住人の秋友美月(山本)と田丸勇(生瀬)、コタローの親友の岩永佑(Sexy Zone・松島聡)、そして弁護士の小林綾乃(百田夏菜子)を緊急招集。みんなで事情を探ってみるとともに、コタローの身に危険が及ばぬよう警戒することを誓い合う。

そんな中、学校から帰宅したコタローを見て、ふと変化に気づく狩野たち。なんだかここ数日で急激に太ったように見えるコタローを心配した狩野と美月は、ちょうど学校で開かれる給食の試食会に保護者として参加してみることに。さらにコタローは足の痛みも訴え始め……?

画像ギャラリー

PICK UP