HiHi Jets・橋本涼“灰仁”、前髪なし学ラン姿に「ずるい」の声

公開:
HiHi Jets・橋本涼“灰仁”、前髪なし学ラン姿に「ずるい」の声

橋本涼HiHi Jets/ジャニーズJr.)が主演、高石あかりがヒロインを務めるドラマ特区の新ドラマ『墜落JKと廃人教師』(MBS、毎週木曜24:59~ほか)の第2話が、4月13日に放送。ネット上では、灰葉仁(橋本)の高校生時代の姿に反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

子供が落としたぬいぐるみを拾うため川に飛び込んだ落合扇言(高石)。誤解した灰仁(灰葉)も後を追い川へ。溺れかけた扇言を救い事情を聞くと、「心配させんな」と頭をチョップし撫でる。

暗い顔をして帰った扇言が心配でストーキングしていたという灰仁。それを聞いた扇言は、責任感と罪悪感から灰仁を自宅に招いて服を乾かすことに。兄と2人暮らしの扇言は、実家を出ても通いたかった高校だったのに、友だちもできず失恋もしたと落ち込む。灰仁は「どうせ考えるならさ、俺のことにしろ。楽しい思い出ばかりだろ?」と元気づける。

そして扇言が洗面所で髪を乾かして部屋に戻ると、扇言の机を物色する灰仁の姿が。「持ち物検査だ」と言い訳した灰仁が取っていたのは筆箱で、中にはカッターが入っていた。慌てて扇言は「私リストカットなんかしませんよ」と否定するが、灰仁は手首の傷が気になっていたと告白。「好きなやつの傷を見るのはつらいだろ?」と心配からきた行動だったことを明かす。

ネット上では、随所で見せる灰仁の優しい言動に「優しい台詞にキュンとする」「キュンと笑いが交互にきて忙しい」「カッコよすぎ」「見どころだらけ」といった声が。また、灰仁の学ラン回想シーンには、「ありがとうございます」「前髪なし学ラン姿ずるい」などの反響も寄せられた。

次回第3話は4月20日に放送。扇言は灰仁から護身術を教わる。なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では第1話も配信中。

PICK UP