江口のりこ『ソロ活女子のススメ3』気心しれたスタッフへの信頼明かす「頼もしいです」

公開:
江口のりこ『ソロ活女子のススメ3』気心しれたスタッフへの信頼明かす「頼もしいです」

江口のりこさんが主演を務めるドラマ『ソロ活女子のススメ』のシーズン3(テレビ東京系、毎週水曜25:00~)が、4月5日よりスタートします。

朝井麻由美さんの人気のエッセイ本「ソロ活女子のススメ」(大和書房刊)を原案に、ドラマ化された本作。2021年4月期に放送されるとSNSを中心に話題となり、各動画配信プラットフォームや海外でも大好評! さらに2022年4月期には「シーズン2」が放送され、今作は待望の「シーズン3」となります。

一昔前には聞きなれなかった言葉である“ソロ活”。しかし、今では多くの人たちが自分一人の時間を楽しみ、ライフスタイルを形成していく“ソロ活”を楽しんでいます。「〜であるべき」「〜が当たり前」「他人は〜しているから……」などのしがらみから自分を解放して自己肯定することができる最高の自分セラピーだとも言われる“ソロ活”。本作は、そんなソロ活にいそしむ、一人のソロ活女子・五月女恵(江口さん)のどこかクスッ笑える日常を描き、ドラマを見る人の背中を優しく押してくれる作品になっています。

今回、主演を務める江口さんにインタビュー。絶賛撮影中だという『ソロ活女子のススメ3』内で体験し、印象に残ったソロ活について、また、ソロ活初心者にオススメするもの・ハードルが高いものも教えてもらいました。

シーズン3への思い、気心しれたスタッフへの信頼も明かす

――『ソロ活女子のススメ』がいよいよシーズン3に突入。今の思いは?

他のドラマの撮影と違って、極少人数で撮影している作品です。そのスタッフたちにまた会えて、また一緒に作品を作れて嬉しいです。

――気心しれたスタッフ陣との現場なのですね。

和気あいあいとおしゃべりしたりするわけではないんですけどね。それぞれが自分の仕事に集中して、的確かつ迅速に進んでいく現場なので、本当に頼もしいです。

撮影を経て気になったソロ活は?

――ドラマではさまざまなソロ活を体験していますが、江口さんご自身が1人で過ごす中で「贅沢だ」と感じる瞬間を教えてください。

いつもと違う場所に行くことですかね。緑の多いところや、ゆっくりできる温泉に行くと「贅沢な時間だな」と感じます。

――すでに収録を終えている話数もあるということで、その中で印象に残った「ソロ活」を教えてください。

「ソロお化け屋敷」を体験したのですが、やはり撮影スタッフも一緒に入るので、中も少し明るい状態でした。純粋にお化け屋敷を楽しめなかったので、次は通常営業の時に行ってみても良いかなと思いました。また、爆破の体験もめったにできることではないので楽しかったです。

――個人的に「デジタルデトックス」がとても気になりました。

私自身はパソコンも持っていないですし、他の人に比べるとそんなにデジタルに依存しているタイプではありません。それでも携帯電話が近くにあると疲れたりする時があるので、それから離れることで楽になれる気持ちは共感できました。

――ドラマを見て初めてソロ活をする方もいると思います。江口さんがこれまで作中でやって来たソロ活の中で「やりやすいもの」と「ハードルが高いもの」を教えてください。

一人で行きやすいと思ったのは、一人用サウナです。「一人用」と名前もついていますしね。一人でも気楽に利用できると思います。ハードルが高いと思ったのは、リムジンです。

――ズバリ、シーズン4もやれたら良いと思いますか?

今はまだ続編のことは考えられないです。シーズン3の放送も始まっていないのでね(笑)。今は「シーズン3が無事に終わると良いな」とだけ考えています!

<第1話あらすじ>
「ダイジェスト出版」編集部の契約社員として働く五月女恵(江口)は、好きな時に好きな場所へ赴き、ひとりの時間を楽しむ「ソロ活」に邁進中。

今日は年に1度の特別な日。仕事を早退し「ソロ活」として訪れた場所は、クルーズ船だった。映画『タイタニック』に出てくるような豪華客船へ足を踏み入れ、ロマンチックな雰囲気の中フレンチフルコースを堪能する恵。船の出航にテンションが上がってきた恵がバルコニーへ移動すると、一人の女性客が声をかけてきて……。

画像ギャラリー

PICK UP