Sexy Zone菊池風磨、Snow Man向井康二とのバンジー対決で猛クレーム「それ卑怯だろ!」

公開:
Sexy Zone菊池風磨、Snow Man向井康二とのバンジー対決で猛クレーム「それ卑怯だろ!」
「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」を見る

菊池風磨(Sexy Zone)と向井康二Snow Man)が、4月1日に放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系、毎週土曜19:00~)の2時間SPに出演。“負けたら即バンジー”のドッキリゲーム「バンジー・ロワイアル」で“舌戦”を繰り広げた。

「バンジー・ロワイアル」とは、参加者が別々の場所にあるバンジージャンプ台に立ちながらリモートでゲームを行い、敗者がバンジーを飛ぶという人気企画。今回は、昨年夏の放送で直接対決が叶わなかった2人が、ついに相まみえる形となった。

菊池が連れて来られた茨城県にある高さ100mの竜神バンジーと、向井が連れて来られた岐阜県にある高さ215mの岐阜バンジーをリモートで結び、2本先取したほうが勝者となる3本勝負で対決。ルールは、お題に沿った答えを一つずつ言い合い、出た答えをすべて記憶して足していくというもの。1本目のお題「焼肉屋にあるメニュー」では、菊池が持ち前の知識量を発揮して勝利。負けはしたものの善戦する向井に、菊池は「結構やばい、強くなってんぞ」と焦っていた。

しかし、ここで1対1に持ち込みたい番組側の忖度が発動する。2本目のお題は、タイ育ちの向井に有利な「タイ料理の名前」。これには菊池も「おい、それ卑怯だろ!」と猛抗議。一方の向井は「たまたまお題がタイ料理なだけで、俺がたまたまタイのハーフなだけやろが!」と反論し、闘志をむき出しにする。納得のいかない菊池は「じゃあ、次のお題はうちのお袋の得意料理にしてくれよ!」と叫んで、爆笑を巻き起こしていた。

そんな2人の掛け合いに、ネット上では「めっちゃ面白かった」「バラエティのお手本」「2人とも愛おしかった」などのコメントが寄せられた。

PICK UP