千鳥ノブ、村山輝星のコメント力を絶賛「ダイアン津田を超えている」

公開:
千鳥ノブ、村山輝星のコメント力を絶賛「ダイアン津田を超えている」
最新エピソードを無料視聴

ノブナカなんなん?』を大胆リニューアルした『隣のブラボー様』(テレビ朝日系、4月5日~、毎週水曜19:00〜)の収録が3月28日、都内で行われ、ノブ千鳥)、弘中綾香アナウンサー、見取り図盛山晋太郎リリー)が収録後に会見を行って番組の見どころなどを語った。

本番組はノブと弘中アナの“ノブナカ”コンビと、河北麻友子、見取り図が、思わず「なんなん?」と言いたくなるようなようなクセのある人に注目し、その驚きの人生を覗き見する『ノブナカなんなん?』のメンバーをそのままに、タイトルと内容を一新した新バラエティ。素敵に生きる“ブラボー!”な人に密着し、人生がハッピーになるヒントを届ける内容となっている。産休中の河北もこの日、新番組を祝福するメッセージを寄せた。また、本番組のタイトルの「ブラボー」の“生みの親”でもある長友佑都選手からの応援メッセージも紹介された。

ノブは収録を終え、「セットが新しくなってすごいですよね。このメンバーでやってて、深夜時代はセットが安いっていうのをネタにしていたこともあったんです。やっとテレ朝さんがノブにお金をかけてくれるようになった」と感慨深げ。新タイトルの宣伝のため期間限定でブラボートラックが街を走ることも告知され、トラックのデザインも公開された。ノブは自身の顔がアップのトラックのビジュアルに「やめてくれよー」と嘆き顔を見せつつも内心は嬉しそう。

意気込みを聞かれると、「タイトルを最初に聞いた時はワールドカップ直後だったので、なんて浮かれたスタッフなんだって思っていたんですけど、今回の内容を見て、しっかりと地に足のついた内容で自信が持てました。これからの収録が楽しみです」と笑顔で話す。

ゲストも井ノ原快彦アンミカなど超強力メンバーだったと紹介し、ノブは「鉄壁です。自分がタイトルコールさえ噛まなければいけると思いました」と胸を張る。村山輝星もゲスト出演しているといい、ノブは「輝星ちゃん、自分へのご褒美を聞かれて『スーパー銭湯に入って、最後牛乳を一気に飲むこと』って言っていて。すごい子が出てきたなって。振ったコメントも丁寧に全部返してくるんです。コメント力はダイアン津田(篤宏)を超えていました。びっくりしました。ブラボーでした」と大絶賛。「河北ちゃんの子供がこの番組を見て、『あれ、出たいなー』って思えるような番組にしたいです」と笑顔を見せた。

その河北の話題で、「もしノブさんが子供の名前をつけるなら」と聞かれると、ノブは「ブラボー河北かな」と答えて笑わせる。「結婚生活をうまく送るコツはなんですか?」と聞かれると、「1日が終わった後、2人でちょっと食卓でビールを飲むとかですかね。そうすれば小さな火種が大火事にならないで済む。5分でもいいから2人で話すのが大事」とアドバイスを送り、河北の復帰に期待を寄せた。

盛山も本番組について「前の番組の色を残しつつ、すごい楽しい内容でした」と充実の表情で話す。リリーもユーモアを交えつつ「いい方向に変わったなって。ほぼ『報道ステーション』でした。ハートフルでいい番組でした」と嬉しそうにコメント。弘中アナも「どうなるかと思っていたんですけど、幸せってなんだろうって考えさせられるような、都会に疲れた私たちをもう一度問いただすような内容でした。楽しかったです」と話していた。

画像ギャラリー

PICK UP