杉田智和と水樹奈々、犬が主役のラブストーリーの吹替えに「掛け合い最高」

公開:
杉田智和と水樹奈々、犬が主役のラブストーリーの吹替えに「掛け合い最高」

犬の犬による犬好きのためのオリジナル動物恋愛ドラマ『東京犬ラブストーリー』(読み:とうきょうわんらぶすとーりー/フジテレビ、毎週水曜24:25~ ※関東ローカル)の第1話が、3月22日に放送。ネット上では、犬の声優を務めた杉田智和水樹奈々の好演に反響が寄せられた。

恋愛には無関心な庶民犬の柴犬・武蔵(CV:杉田)は、八百屋の看板犬として、今日も店番をしていた。すると飼い主のお母さんから、「お客さんからいいものをもらった」と呼ばれ、イタリア製のブランド物の首輪を付けてもらう。武蔵は「何だ食いもんじゃねぇのかよ」「重っ」と毒づくが、お母さんには「嬉しいの~?」と勘違いされてしまう。

それでも、お母さんの「じゃ、それ付けてドッグランに行こっか」の一言に上機嫌になる武蔵。ドッグランに到着するやいなや、「今日は思いっきり走り回るぞー」と喜んで駆けていく。

その頃、セレブ犬のチワワ・マリー(CV:水樹)は、トリミングで身なりを整えてもらっていた。そして、その足で飼い主に連れて行かれたのは、ドッグランだった。ドッグランとは、「庶民犬たちが走り回るところ」と聞いていたマリーは、「人も犬も土足で歩くようなところバイ菌がいっぱいだもの。私が歩くところなんかじゃないわ」と拒絶する。

カートに乗せられ、セレブ感あふれるマリーの登場に、ドッグランにいた庶民犬たちは「可愛い」「ぬいぐるみみたい」とチヤホヤ。しかし武蔵だけは、「何だあいつ。ドッグランに来て見学かよ」と、驚きのあまり一歩も踏み出せないマリーを鼻で笑う。

そんな折、マリーに一目惚れした猟犬のジャックが、マリーめがけて一目散に走り出す。すごい勢いに、このままではマリーが危ない! というところで、武蔵がマリーの前に立ちはだかり……?

ネット上では、犬が演じるラブストーリーに「みんな良い表情する」「癒された」「シュールすぎる」といった声が。また、声優を務めた杉田と水樹に「掛け合い最高」「いつもの杉田さんが出てる」「杉田感強い」「奈々ちゃんのマリーちゃんがすごく可愛い」などのコメントが寄せられた。

次回は3月29日に放送される。

PICK UP