桐山照史『ゲキカラドウ2』で“チームの絆”がパワーアップ!後輩・福本大晴も1分で打ち解ける

公開: 更新:
桐山照史『ゲキカラドウ2』で“チームの絆”がパワーアップ!後輩・福本大晴も1分で打ち解ける

4月6日からスタートするジャニーズWEST・桐山照史が主演の木ドラ24『ゲキカラドウ2』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の記者会見が、3月20日に行われ、桐山をはじめ、土村芳福本大晴Aぇ!group関西ジャニーズJr.)、森田甘路前川泰之平田満が出席し、シーズン2になってパワーアップした“チームの絆”などについて語った。

2021年1月期に放送され、桐山のドラマ単独初主演作となった『ゲキカラドウ』。桐山の豪快な食べっぷりや辛そうなのにとても美味しそうに見える激辛グルメの数々、そして「激辛道=ゲキカラドウ」を真剣に追い求める主人公・猿川健太が、男として、仕事人として、一皮も二皮もむけていく成長物語が好評を博し、究極のグルメドラマと“激辛界”で話題沸騰となったドラマの続編。

公開されたばかりの60秒CMを見て「美味しそう」と声を上げる桐山。「本当にあるお店の料理を食べさせてもらっているので、ほんまに美味いんですよ! 深夜帯の放送ですけど、次の日に“辛い物食べたいな”と思ってもらえる作品になっていると思います」と自信を覗かせる。

桐山照史
桐山照史

シーズン2からは、桐山のジャニーズの後輩となる福本が仲間入り。「めちゃくちゃ現場を盛り上げてくれました!」と桐山が紹介すると、福本は「何をおっしゃいますか! 照史くんこそ!」とチャキチャキの関西弁で返し、桐山に「その関西ノリやめて~」とツッコまれる場面も。

そんな福本は、今作で連ドラ初出演。「ドラマの現場ってどんな感じなんやろうと不安を覚えつつ初日を迎えたのですが、照史くんが“不安やろけど、大丈夫やで!”と言ってくれて。実際、入って1分くらいで皆さんと打ち解けて、仲良くさせていただきました」と現場の温かさを語った。

この日、久しぶりに共演者らと再会したという福本は、「皆さんの顔を見たら、あの頃(撮影)を思い出して安心しました。家に帰って来たみたい」と話すと、桐山も「スタッフさんも含め、そうなんですよね。シーズン2でも会話で盛り上げてくださった」とシーズン1からパワーアップして続くチームワークの良さについて告白。「その雰囲気がお芝居に乗って伝わればいいな」と続けた。

福本大晴
福本大晴

また、撮影を通してチームの絆を育むと共に、辛さ耐性も身に付けているという桐山。「撮影中も“もうちょっと辛くして”というオーダーをします。でも、僕以外のみんなもそうなんですよね」と、ドラマを通じて出演者たちが辛い物好きになっていると明かした。

さらに、ドラマにちなんで「最近ホットなこと」を聞かれると、桐山は「今ライブ中なので、それがすごく楽しい。気持ち悪いんですけど、ジャニーズWESTはお酒飲みながらご飯を食べると、メンバーのことをめっちゃ褒めるんですよ。あの時間がすごい好きです」とグループの絆についても語っていた。

画像ギャラリー

PICK UP