山谷花純“妃乃”の悪事がついに暴かれる「裏は全部とれた」

公開: 更新:
山谷花純“妃乃”の悪事がついに暴かれる「裏は全部とれた」

清水くるみ山谷花純がW主演を務める『親友は悪女』(BSテレ東、毎週日曜23:30~)の第11話が、3月19日に放送。ついに高遠妃乃(山谷)の悪事が明らかとなり、SNS上では「橋井さんファインプレー!」などの声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

妃乃の泊っているホテルに服がはだけた状態の東雲拓人(淵上泰史)がいるのを見てしまい、ショックを受ける堀江真奈(清水)。それまでは、何があっても妃乃を“親友”だと信じてきたのだが、これでやっと妃乃が“悪女”であることを自覚する。

その後、家に戻った真奈を追いかけてやってきた東雲は、「真奈と付き合い続ける資格はないと思う。別れてほしい」と告げる。翌日、真奈は会社で妃乃に謝られるのだが、「いいよ謝らなくて。私、東雲さんとは別れるつもりはないから」「一度の失敗でダメになるような、そんな軽い気持ちじゃないから」と妃乃に宣戦布告する。

怒った妃乃は、東雲が妃乃の泊った部屋から出てくる様子を写した映像を、会社の一斉メールで拡散。東雲は部下から責められるのだが、その時、妃乃から発せられた発言で、妃乃と東雲に体の関係がなかったことが判明。さらに、橋井翼(矢野聖人)が妃乃の悪事を突き止め「裏は全部とれたぞ。誰と繋がってるのか、ここで全部話してもいいのか?」と指摘するだった。

SNS上では「とうとう妃乃の悪事が明らかに」「橋井さんファインプレー!」「早く妃乃に天罰を……」との声が上がっていた。

次回、第12話は3月26日に放送。妃乃の悪事がすべて明らかになり、異動させられていた真奈も、謹慎中だった橋井も営業二課に戻ってくる。

なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話も配信中だ。

PICK UP