藤ヶ谷太輔“紘一”の覚悟の決断でみんなが大団円「全員ハッピーでよかった」

公開:
藤ヶ谷太輔“紘一”の覚悟の決断でみんなが大団円「全員ハッピーでよかった」

藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2)の主演ドラマ『ハマる男に蹴りたい女』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の最終話が、3月18日に放送。ネット上では、設楽紘一(藤ヶ谷)と西島いつか(関水渚)の大団円を喜ぶ声が多く見られた(以下、ネタバレが含まれます)。

母でCEOの設楽しま子(大地真央)から上海行きをオファーされた紘一は、その迷いをいつかに打ち明けるが、突き放され、明確にフラれたと思ってしまう。いつかの「好きって言ってしまったら、余計寂しくなっちゃうから」という本心を知る由もなかった。

その後、下宿では紘一の送別会が開かれ、オファーの返事を聞きに来たしま子も同席する。いつかは餞別にエプロンを選び、「(紘一は)毎日ウザいぐらいに一生懸命でした」「エプロン姿の管理人さんが好き……でした」と初めて素直な気持ちを口にする。それを聞いた紘一は意を決し、しま子に上海行きを辞退。プロの管理人になり、経験やスキルを生かした経営コンサルもWワークで始めると宣言。「(管理人の仕事を通じて)今なら弱い自分も、できない自分も受け入れられる」「(たくさんの人でなくても)たった一人の人に喜んでもらえればいい」という紘一。その本気の決断を、しま子は温かく認めた。

その後、しま子に忘れものを届けに向かった帰り道、靴紐が解けたいつかは、「上海に行く行く詐欺」をした紘一に罰だと結ばせ、さらには蹴ろうとする。「危な!」と困惑する紘一に、「管理人さんのことをこんなふうに足蹴にするのは、金輪際、私だけにしてください」とツンデレ告白。すぐさま紘一は力強くいつかを抱きしめて囁く、「これからは、逃げずに受け止めるから」。その言葉に答えるように、いつかも固く抱き返した。

エンディングでは、登場人物の幸せそうな後日談が。SNS上では「全員ハッピーでよかった!」「楽しくなるラブコメだった」と大満足する様子がうかがえた。

なお、現在TVerでは、第1話や制作発表記者会見の様子なども配信中。

PICK UP