見上愛“日和”「精子が欲しい」と懇願…1話から衝撃の展開が「ハマる!」と話題

公開:
見上愛“日和”「精子が欲しい」と懇願…1話から衝撃の展開が「ハマる!」と話題

見上愛青木柚がW主演を務めるドラマイズム『往生際の意味を知れ!』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜25:28~)が、3月7日よりスタート。1話から衝撃的な展開に、SNS上で「独特の世界観にハマる!」との声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

市松海路(青木)は、市役所勤務の真面目な会社員。7年前に別れた元カノ・日下部日和(見上)のことが未だに忘れられず、合コンで「元カノと結婚したい」と発言するほど未練を残していた。

そんなある日、海路の住むアパートに雷が落ちて全焼。日和との思い出の品はすべて灰となってしまい、唯一手元に残った腕時計も車に轢かれて粉々に……。生きる希望を失い、屋上から飛び降りようとしているところに、なんと日和から電話がかかってくる。

「突然なんだけど、市松くんにお願いがあって。近々会えないかな?」と言う日和に、海路は「今すぐ会おう!」と返事。待ち合わせした喫茶店で、久しぶりの再会を喜ぶ2人。昔話に花を咲かせながら、なぜ海路に久しぶりに連絡をしてきたのかを聞くと、日和は「市松くんの精子が欲しい」と衝撃のお願いをしてくる。

てっきり求婚されたと思った海路が「じゃあ入籍しよう」と提案するのだが、日和は「父親はいらない。でも私は子供が欲しい」と言うのだった。彼女の目的は、一体何なのか?

1話から衝撃的な展開に、SNS上では「展開にドキドキした」「惹き込まれた」「独特の世界観にハマる!」「いろいろな意味ですごかった」などの反響が寄せられた。

次回、第2話は3月14日に放送される。

PICK UP