Aぇ!group、東京で初の単独コンサートの裏側でぶち当たった“壁”とは?

公開:
Aぇ!group、東京で初の単独コンサートの裏側でぶち当たった“壁”とは?

Aぇ!group関西ジャニーズJr.)にフォーカスした3月3日放送の『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME Season5』(フジテレビ系、毎週金曜24:55~)では、彼らが東京で初めて行った単独コンサートに密着。その裏側が明かされた。

2019年に結成されたAぇ!groupは、正門良規末澤誠也草間リチャード敬太小島健福本大晴佐野晶哉の6人組ユニット。バンドを武器としており、「1日でも早くデビューの切符を掴むこと」を目標にしている。

そんな彼らが、東京で初の単独コンサート「Summer Paradise 2022」(2022年7月)を開催。9日間で15公演という怒涛のスケジュールが組まれたのだが、個人での活動が増えてきており、なかなか6人が揃うリハーサルの時間が取れないという“壁”にさっそくぶち当たっていた。

中でも末澤は、東京で行われているミュージカルに出演中。公演が終わると終電で大阪に帰るという忙しい日々を送ることになるのだが、14歳で事務所に入所した彼にはなかなか活躍の場が巡ってこなかったため、今こうして頑張っているのだと話す。

しかし20歳の頃、マネージャーに「辞めます」と伝えたこともあるという。しかし、中山優馬のソロライブのバックダンサーに選ばれたことによって「信じてやり続けたら、いつかどっかで活きてくるんじゃないか」と思いとどまったのだとか。その結果、今回のミュージカル出演にも繋がった。

また、Aぇ!groupの6人は、先にデビューしたなにわ男子とほぼ同期。正門は「勝負やと思ってます。前からそうですけど、より(勝負の)感じが増した」と語り、彼らの武器であるバンド演奏を磨く。

また、関西ジャニーズJr.のコンサートといえば「コント」。その中心にいる小島は、東京公演で「新喜劇」を披露する。「東京に関西(の笑い)を持っていくのは1つのプレッシャーですよ」と語りつつも、「グループが(力を)上げるためには、なんでもやらなあかんグループやと思っている」と意気込みを語る。

そしてやってきたコンサート本番。その前日、事件が巻き起こる……。

次回は3月10日に放送。“明るさ”や“楽しさ”をテーマに準備してきたライブが、いよいよ幕を開ける。

PICK UP