清水くるみ“真奈”、諸悪の根源・山谷花純“妃乃”を気遣う発言に「お人好しすぎる!」

公開:
清水くるみ“真奈”、諸悪の根源・山谷花純“妃乃”を気遣う発言に「お人好しすぎる!」

清水くるみ山谷花純がW主演を務める『親友は悪女』(BSテレ東、毎週日曜23:30~)の第8話が、2月26日に放送。堀江真奈(清水)の営業二課を思った発言に、SNSでは「ピュアピュア」「いい人すぎる」などの声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

高遠妃乃(山谷)によって、「未来化推進プロジェクト室」とは名ばかりの資料整理部屋に追いやられてしまった堀江真奈(清水)。膨大な量の資料をすべてデータ化するという果てしない作業に「頑張るしかない」と気合を入れる。

一方で、真奈がいなくなったことで営業二課が大混乱。そんな忙しい合間を縫って、同僚の本田愛(石川瑠華)が真奈のいる未来化推進プロジェクト室へ愚痴を言いに訪ねてくるのだが、そこで「昨日見ちゃったんだよね」と、妃乃が残業する東雲拓人(淵上泰史)にアプローチをかけていたと聞かされる。

「そのために堀江さんを飛ばした」と言う本田に、「だとしても、妃乃を助けてあげてくれない?」と頼む真奈。それは妃乃を庇うためでなく、東雲、そして営業二課の負担をなるべく減らすための発言だった。

SNS上では「ピュア」「いい人すぎるだろ……」「お人好しすぎる!」と、真奈に対するコメントが多く見られた。

次回、第9話は3月5日に放送。真奈と会う約束をしていた東雲だが、妃乃の企みによって急遽、大阪出張へ行くことになってしまう。

なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話も配信中だ。

PICK UP