藤ヶ谷太輔“紘一”と京本大我“香取”のタキシード姿に歓喜の声「悩殺された」

公開:
藤ヶ谷太輔“紘一”と京本大我“香取”のタキシード姿に歓喜の声「悩殺された」

藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2)の主演ドラマ『ハマる男に蹴りたい女』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第6話が、2月18日に放送。ネット上では、設楽紘一(藤ヶ谷)と香取俊(京本大我SixTONES)のタキシード姿に反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

紘一の元妻・澤部夏美(早見あかり)が紘一とヨリを戻すためと、下宿で暮らすことに。紘一の管理人の仕事をぐいぐい手伝い、テキパキ紘一に指示しながら、あうんの呼吸で料理する。その様子は以前の結婚生活を伺わせ、西島いつか(関水渚)はおもしろくない。

そんななか、いつかの同僚・友部ミチコ(サーヤラランド)の案件で、紘一、いつか、夏美、香取の4人は急遽ブライダルの撮影モデルの代役を務めることに。隣りで誓いの言葉に涙する夏美に、紘一は戸惑いつつもそっとハンカチを渡す。そのシーンに打ちのめされたような表情のいつか。香取はそこで、いつかの本心を察する。

下宿に戻って、縁側でたそがれる夏美。涙の意味を知りたい紘一が話しかけると、夏美は離婚したことへの後悔と、今の不憫な紘一への思いを切々と語り、「自信に満ちてた昔の紘一に戻って」と紘一にゆっくりと顔を近づけていく。一方、撮影後、仕事帰りのいつかと香取は、いつかが紘一に惹かれていてもいいと言い、それでも「西島、俺のところに来てよ」と、そっと抱き寄せるのだった。

SNS上では、元嫁の行動が「勝手すぎる」「強い」と驚く声のほか、ブライダル撮影シーンの紘一と香取のタキシード姿に「最高」「かっこいい」「悩殺された」「破壊力がすごい」などと喜ぶ声もあがっていた。

次回は2月25日放送。いつかの仕事の大トラブルに、紘一がサウナで“一肌脱ぐ”展開に!?

なお、現在TVerでは、第1話と前半(1~4話)ダイジェストを配信中。

PICK UP