小宮璃央“犬田”、友人の鈴木康介“志場”を助けるため裏取り引き!?

公開:

小宮璃央が主演を務めるドラマ+『アカイリンゴ』(ABCテレビ、毎週日曜24:25~/テレビ神奈川、毎週金曜26:00~)の第4話が、2月12日、2月17日に放送される。

原作はムラタコウジ。「コミックDAYS」(講談社)にて2020年より連載スタートし、“過激すぎてBANされた”こともある問題作。過激な性描写もさることながら、真っ向から性行為へと切り込んだテーマ性が大きな話題となっている。物語では、性行為が法律で禁じられた近未来の日本を舞台に、欲望に揺れる心情と理性で抑えきれない衝動を、繊細に鮮烈に描いていく。

前回第3話では、犬田光(小宮)と水瀬優(川津明日香)のキスシーンが描かれ、SNS上では「エロエモい」「うっとり」​​とのコメントがあがっていた。

<第4話あらすじ>
犬田光(小宮)は、「G-アンツ」から逃げ出した日を境に、志場番太(鈴木康介)が行方不明になっていることを、鈴本奈々(織田奈那)から聞かされた。「志場のこと、助けてほしい!」と奈々から哀願された犬田は、なぜ志場と奈々が「G-アンツ」へ入り浸るようになった理由を聞く。

志場を捜すために「G-アンツ」へとやってきた犬田と奈々。そこには、縛られて痛ましい志場の姿が! 青原(飯田基祐)は、志場を助けたかったら“セトリの摘発情報をもってこい”と、犬田に裏取り引きを強要する。

志場の誘拐事件として通報すれば、志場も奈々も性行為取締法で逮捕されてしまう――。犬田は、セトリ捜査官である父・陽(和田聰宏)から情報を盗み出そうと試みる中、セトリ捜査官の牛本カンナ(大久保桜子)から電話で呼び出される。以前、潜入捜査中に襲いかかってきた犬田を逮捕せずに泳がせていたカンナは「G-アンツ」の動向を聞き出そうと考えていたのだが……。

そんな折、水瀬優(川津)はバイト先のファミリーレストランへ。その休憩中、バイトの先輩・西袋鉄矢(池田匡志)が水瀬に怪しく近づくのだった。

画像ギャラリー

PICK UP