笠原秀幸演じるタレント医師の罪とは?

公開:

櫻井翔が主演を務める土曜ドラマ『大病院占拠』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第3話が、1月28日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

日本が誇る神奈川県内の総合病院「界星堂病院」が、突如、鬼の面をかぶった武装集団「百鬼夜行」によって占拠された。なぜ病院で? なぜ鬼の扮装で? 武装集団の目的とは一体……。命の現場が極限の緊張感に包まれる中、巻き込まれた一人の捜査官・武蔵三郎(櫻井)が立ち向かい、真実を明らかにしていく完全オリジナルのタイムリミット・バトル・サスペンス。また、現在TVerでは、第1話が延長配信中。

前回第2話では、武蔵と鬼が早くも直接対決。ドローンの追撃を振り切り、病院のエアダクトに逃げ込むものの、青鬼が妻の裕子(比嘉愛未)をおとりに武蔵を呼び出し、手に汗握る攻防戦が繰り広げられた。病院から転落した武蔵は、生垣に落ちて運よく助かり、現場指揮本部に入る。一方鬼達は動画配信チャンネル「百鬼夜行ちゃんねる」を開設し、ライブ配信を始める。鬼達の狙いは、国民の前で人質が犯した罪を暴くことなのか? そして、次なる標的に、タレント医師・土佐大輔(笠原秀幸)が指名され――と言うストーリーだった。

そして第3話では、鬼が示したタイムリミットまでに、土佐の罪を明らかにするべく、青鬼からのヒントを頼りに現場へ急ぐ武蔵と相模俊介(白洲迅)。さらに「百鬼夜行ちゃんねる」は登録者数30万を突破、鬼への応援メッセージも……そんな中、県警宛てに去年のハロウィンの映像が届く。そして同じ日、界星堂病院ではある人物が死亡していたことが明らかになる。そして、武蔵は青鬼との交渉戦に挑む。その末に明らかになる衝撃の真実とは……。そして、早くもあの鬼の素顔が明らかに!?

<第3話あらすじ>
青鬼の次なる標的はタレント医師・土佐大輔(笠原)。鬼が示した土佐の殺害時間・午後8時20分までに土佐の罪を明らかにしなければ、土佐の命はない。残された時間はわずか。武蔵三郎(櫻井)は青鬼のヒントをもとに「クラブ・タンゴ」へ急ぐ――。

「百鬼夜行ちゃんねる」はバズり始め、登録者数は約30万人に到達。県警のSNSには国民からの応援メッセージや土佐に関するタレコミ情報が次々と届き始める。

一方、ICUに閉じ込められたままの武蔵裕子(比嘉)は、看護師の安芸しおり(呉城久美)が重い病を患っていることを知り、彼女を解放してほしいと橙鬼に訴えるが……。

そんな中、県警宛てに多数のタレコミ情報が届く。その中に、去年のハロウィンの映像が。去年のハロウィンの日に「クラブ・タンゴ」で何が行われていたのか。そして同じ日、界星堂病院ではある人物が死亡していた――!

画像ギャラリー

PICK UP