櫻井翔“武蔵”、鬼と直接対決!その正体に迫るが…

公開:

櫻井翔が主演を務める土曜ドラマ『大病院占拠』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第2話が、1月21日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

日本が誇る神奈川県内の総合病院「界星堂病院」が、突如、鬼の面をかぶった武装集団「百鬼夜行」によって占拠された。なぜ病院で? なぜ鬼の扮装で? 武装集団の目的とは一体……。命の現場が極限の緊張感に包まれる中、巻き込まれた一人の捜査官・武蔵三郎(櫻井)が立ち向かい、真実を明らかにしていく完全オリジナルのタイムリミット・バトル・サスペンス。

前回第1話で、武蔵は、1年前の「ガソリンスタンド立てこもり事件」で犯人の命を奪ってしまい、それ以来休職し、妻や娘とも別居、現在も心の傷が癒えないまま、妻が勤める大病院「界星堂病院」で治療を受け続けている。その診察日、なんと病院内で爆弾が爆発。騒然とする中、武蔵や警備員らの前に鬼の面をした武装集団が現れて……。SNS上では、鬼の面から見える口元などから、誰が演じているのかを考察する声が多く、「一体誰よ!」「難しい」「◯◯に見える!」との声があがっていた。

<第2話あらすじ>
武蔵三郎(櫻井)は自爆型ドローンの追撃を振り切り、病院のエアダクトに逃げ込む。現場指揮本部の和泉さくら(ソニン)から、エアダクトがICUにつながっていることを無線で伝え聞いた武蔵は、そこに人質がいないか確認するためエアダクトの中を進んでいく。

一方の鬼たちは、動画配信チャンネル「百鬼夜行ちゃんねる」を開設。「チャンネル登録者数が10万人を超えたら病院内のライブ配信を行います」と告知すると、登録者数は瞬く間に増えていく。

武蔵はICUに閉じ込められている妻・裕子(比嘉愛未)を含めた人質全員の無事を確認するが、再びドローンの追撃を受ける。白鬼との手に汗握る攻防が続く中、青鬼が裕子をおとりに武蔵を呼び出す。張りつめた緊張感の中、ついに武蔵と鬼との直接対決!

そんな中、ついに全国民に向けて「百鬼夜行ちゃんねる」のライブ配信が始まる――。

画像ギャラリー

PICK UP