櫻井翔、刑事役初挑戦に意気込み「あまり見たことのない刑事像を作れたら」

公開:

櫻井翔が主演を務める土曜ドラマ『大病院占拠』(日本テレビ系、1月14日スタート、毎週土曜22:00~)の記者会見が行われ、櫻井をはじめ、共演者の比嘉愛未ソニン渡部篤郎が出席。撮影現場での貴重なエピソードが語られた。

日本が誇る神奈川県内の総合病院「界星堂病院」が、突如、鬼の面をかぶった武装集団「百鬼夜行」によって占拠された。なぜ病院で? なぜ鬼の扮装で? 武装集団の目的とは一体……。命の現場が極限の緊張感に包まれる中、巻き込まれた一人の捜査官・武蔵三郎(櫻井)が立ち向かい、真実を明らかにしていく完全オリジナルのタイムリミット・バトル・サスペンス。

櫻井は、今作で刑事役に初挑戦。「あまり見たことのない作品、そして刑事像を作れたら良いなと思いました」と、意気込みを持って演じたことを明かす。拳銃を撃ったり、爆発に巻き込まれたりとワイルドな役柄を演じることも櫻井には珍しいことで「今着ている衣装がキレイな状態は1話の最初くらいしかなくて。どんどん汚れて傷がついていったので、この(キレイな)姿を見せられるのはある意味貴重かもしれません(笑)」と体を張る演技であったことがうかがえるコメントも。

そんな櫻井を横目に「毎年と言って良いほど白衣を着ている」と話し、今回も慣れ親しんだ白衣を着る役を務める比嘉は、今作では心臓外科医で三郎の妻・裕子を演じる。しかし、拳銃を向けられながら手術するというこれまでにないシーンの撮影に緊張感を覚えたそうで、「その状態でどう冷静に対処するか、なかなかスリリングな撮影でした」と感想を語った。

それ以外にも緊迫感あるシーンが続く本作だが、やはり撮影が続くと「百鬼夜行」を演じる役者たちと仲良くなってしまうのだとか。病院内で人質になってしまう比嘉は鬼たちと一緒にいる時間も長く、「みんな良い人たちだから、(撮影での)切り替えがすごく大変でした」と本作ならではの苦労を語る場面も。

また、実際の病院を使って撮影を行っているため、鬼の仮面をつけた役者と一般の患者がエレベーターで鉢合ってしまい、子供が泣きそうになってしまったというエピソードが櫻井から語られると、別の現場で撮影を行っている神奈川県警チーム(SIS管理官・和泉さくら役のソニン、県警本部長・備前武役の渡部)からは笑みが漏れていた。

画像ギャラリー

PICK UP