GACKT「引退だと思った」重篤を告白『格付け』は連勝記録STOPで引退宣言

公開:
GACKT「引退だと思った」重篤を告白『格付け』は連勝記録STOPで引退宣言

GACKTが1月1日に放送された『芸能人格付けチェック!2023お正月スペシャル』(ABCテレビ)に出演。自身の休養理由を語った。

同番組は、MCの浜田雅功ダウンタウン)のもと、芸能人が一流のプライドとメンツをかけて味覚や音感など、ジャンルごとの「格付けチェック」に挑む。GACKTは2年ぶりの復帰であり、連勝記録(過去12回出演、個人65連勝中)を伸ばすか注目が集まった。

2021年9月に無期限の活動休止を発表したGACKTが復帰。収録の1か月前、番組のインタビューに答えた。一時、重篤な状態に陥ったというGACKT。熱が出て意識がなくなり、2週間ほど倒れていたという。「著しく免疫が落ちて、声が出せないだけじゃなくて、うまく言葉が作れなかった」と危険な状態だったと明かした。

また、ビジュアルにも変化が。髪の毛がごっそりと抜けてしまい「それが一番ショックだった」と回顧。免疫が落ちて肌もボロボロになったため「もう引退だなと思いましたけどね」と語った。その後、回復に向かったという。

今回が復帰後テレビ初仕事。「(番組を休む形になり)浜田さんに対しても、“ご迷惑をおかけしたな”という思いがありますし、心配もしていただいたので……。『とにかく待ってるで』という言葉をもらった」と話し「(今回の『格付け』は)間違ったら引退」と口にした。

本番では、ほかの一流芸能人がペアを組む中、GACKTは一人で参戦。浜田の「言うても休み明けですから何かがおかしくなってる」とのイジりに対し「ずっと会いたかったですよ。松本さんに」と返答。「そんなボケいらんねん!」とツッコまれていた。

その後、GACKTは、ワインやダンス、牛肉など、6つのチェック項目をすべてクリア。個人連勝記録を71に伸ばした。浜田が感嘆すると「やっと新しい年を迎えられました」とコメントしていた。

PICK UP