二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香“三兄妹”の復讐の行方は?『流星の絆』がTVerで期間限定配信中!

公開:

二宮和也が主演を務めた『流星の絆』(TBS系、2008年)が、民放公式テレビ配信サービス「TVer(ティーバー)」にて期間限定で配信されている。

現在TVerでは、この冬に観たいドラマを一挙配信する「名作ドラマ特集」が開催中。過去の名作や最新の話題作など、盛りだくさんの200作品超が、すべて無料で楽しむことができる。

『流星の絆』は、東野圭吾の「2008年上半期小説部門売り上げNo.1」の本格的ミステリーを原作とした本ドラマ。物語の中心を担う有明三兄妹の長男・功一役に二宮、次男・泰輔役に錦戸亮、長女で末っ子の静奈役に戸田恵梨香と、今なお輝き続けている表現者たちが名を連ねている。脚本を担当したのは『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』など、数多くの名作を生み出した宮藤官九郎。コメディの要素を織り交ぜながらも、せつないストーリーで、一躍話題となった作品である。

「大人んなったら犯人探してさ、3人でぶっ殺そうな」

有明三兄妹には大きな絆があった――。ある日、小学生の功一たちは、洋食店 「アリアケ」の店主で彼らの父・幸博(寺島進)と母・塔子(りょう)に内緒で、獅子座流星群を見に行った。最高の思い出になるはずだったが、三兄妹が家に戻ると、両親は何者かに殺害されていた。

犯人が逮捕されぬまま14年。親代わりでもある林ジョージ(尾美としのり)が経営するカレーハウス「ジョージクルーニー」で働く功一のもとに、両親の殺人事件を担当し、いまだに事件を追っている刑事・柏原康孝(三浦友和)がやってくる。功一は彼に泰輔や静奈とは 「会っていない」 と嘘をつくが、じつは彼らは「いつか親の敵をとる」という強い絆で結ばれていた。静奈が詐欺被害に遭ったことから、三兄妹自ら詐欺を働くように。ある日泰輔が、14年前に目撃した不審者と似た人物と出会う……。

PICK UP