松重豊“五郎”、煮カツをご飯にかけてかつ丼に「ワンパク食い最高!」

公開: 更新:
松重豊“五郎”、煮カツをご飯にかけてかつ丼に「ワンパク食い最高!」
最新エピソードを無料視聴

松重豊が主演を務める人気グルメドキュメンタリードラマ『孤独のグルメ Season10』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)が、10月7日よりスタート。第1話から大量に注文し、さらに煮カツをご飯にかけてかつ丼にする井之頭五郎(松重)に「ワンパク食い最高!」といった感想が寄せられた(以下ネタバレが含まれます)。

商談のため、神奈川県相模原市橋本にやってきた五郎。依頼人の高原良樹(インディアンス田渕章裕)はしゃべり出したら止まらない人で、永遠にしゃべり続けた挙句、紹介したアンティークの置時計は買ってくれなかった。

疲れ果てた五郎は、遠くに「食堂」と書かれた大きな看板を発見し「急に腹が減った」とそこに行ってみることに。かなり歩いたからと、「スタミナ」と書かれたメニューを注文した五郎。肉も野菜も盛りだくさんなスタミナにさっそく手をつけてみると、「濃い目の味付けが俺の食欲をたぎらせる!」と感動。その後ももりもりと口に運ぶ。

そんな中、途中で入って来た土方のお兄ちゃんが鳥カツを注文したことで、まだお腹に余裕のあった五郎は煮カツを注文。ダシでヒタヒタになったカツを頬張り、「力強くて優しい、煮カツは男のあるべき姿だ」と心の中でつぶやく。さらに、余っていたご飯にかけてかつ丼にし「やっぱりかつ丼は美味いな~!」とニヤケながら完食し、店を後にするのだった。

SNS上では「五郎さん、相変わらずの食欲」「五郎さんのワンパク食い、最高!」「相変わらずお腹が空くドラマだ」といった感想が見られた。

次回、第2話は10月14日に放送。五郎は白金台を訪れる。

PICK UP