吉沢亮“武四郎”、異動先で安田顕演じる小児集中治療のパイオニアと出会う

公開:

吉沢亮が主演を務める月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)が、10月10日より初回30分拡大SPで放送スタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

PICUとは、Pediatric Intensive Care Unitの略称で、小児専門の集中治療室のこと。高度かつ集中した治療が必要とされる、およそ15歳以下の子供を対象にした、いわば“子供のためのICU”。「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われる北海道で、駆け出しの小児科医・志子田武四郎(吉沢)が、先輩医師とともに、どんな子供でも受け入れられるPICUを作るため、そして、1秒でも早く搬送できる医療用ジェット機の運用を実現するために奔走する姿を描く。

<第1話あらすじ>
志子田武四郎(吉沢)は北海道札幌にある丘珠病院に勤める小児科医。ある日、小児科科長の鈴木修(松尾諭)に呼び出され、新設されたPICU=小児集中治療室への異動を命じられる。「栄転だよ!」とはやし立てられるがままに向かい、そこでPICU医の植野元(安田顕)と出会う。植野は日本各地でPICUの整備を推し進めてきた小児集中治療のパイオニア。「日本一広大な自然を相手に、医療用ジェット機を運用した日本屈指のPICUを作る」という“最後の大仕事”を成し遂げるため、東京からはるばるやってきた。

植野元(安田顕)
植野元(安田顕)

陸路での搬送が絶望的な北海道で、医療用ジェット機で雄々しい山を越えて1秒でも早く搬送すること。そして、どんな状況のどんな子供であっても全員を受け入れられるPICUを作ること。そんな壮大な目標を掲げる植野だが、現状のPICUは圧倒的人材不足で急患を受け入れられる状況ではなかった。

志子田武四郎(吉沢亮)、植野元(安田顕)
志子田武四郎(吉沢亮)、植野元(安田顕)

そんな中、稚内市の病院から「5歳の少女が転院先を探して4時間も待機している」という衝撃の電話が入る。「私たちまだ準備が……」と皆が困惑する中「どんな状況のどんな子供でも受け入れる」という植野の確固たる信念に従い、少女を受け入れるが……。

画像ギャラリー

PICK UP