中島裕翔“正樹”と吉川愛“冴”と浜辺キスシーンに反響「史上最高にドキドキした」

公開: 更新:
中島裕翔“正樹”と吉川愛“冴”と浜辺キスシーンに反響「史上最高にドキドキした」

中島裕翔Hey!Say!JUMP)が主演、吉川愛がヒロインを務める木曜劇場『純愛ディソナンス』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第7話が、8月25日に放送。新田正樹(中島)と和泉冴(吉川)が浜辺でキスをするシーンに、ネット上では「史上最高にドキドキした」との声があがっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、新任の音楽教師・新田正樹と生徒・和泉冴の“純愛”を描く完全オリジナルストーリー。常にタブーと背中合わせな2人の“純愛”が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス=不協和音”となってドロドロな展開を生み出していく。本心で向き合えないまま決別した2人だが、ひょんなことから5年後に再会する。

正樹が路加雄介(佐藤隆太)の会社を訪れ、コラボ企画を裏切った理由を聞く。すると路加はモノリスエステート社の下請け会社に勤めていた頃の恨みから、社長の碓井賢治(光石研)に対する復讐の機会を狙っていたと明かす。そして、路加はモノリスエステート社のあくどいやり口の数々の裏付けとなる証拠が欲しいと考え「俺につかないか」と正樹に持ちかける。

一方、シェアハウスのゴミ箱に冴の小説が捨ててあることを見つけた朝比慎太郎(高橋優斗HiHi Jets)は、その小説を冴に内緒で出品し、最終審査まで進む。ところがそのコンクールは、新田愛菜美(比嘉愛未)が審査員を務めており、正樹は冴の小説が自宅のゴミ箱に入ってるのを見つけた。そして、「2人で碓井の家を出て、どこかの田舎でひっそり暮らそう」と提案した愛菜美に正樹は「裏で路加と繋がってたよな? 全部知ってて黙ってたんだろ?」とぶつける。その後正樹は、「俺たちもう一緒に居ない方が良い」と離婚届を差し出すが、愛菜美は「私は絶対に判を押さない」と拒否する。

そんな中、正樹が兄の元婚約者で桐谷高校の音楽教師だった小坂由希乃(筧美和子)の月命日にお墓参りに行くと、そこは冴の姿が。帰りに2人で話していると、冴は立ち止まり「好きだったよ、先生」と伝える。「でも先生との間には、いつも高い壁がある。きっと私たちはそういう宿命なんだよね。決して結ばれない。もう終わりにするね」と告げる。すると、正樹は「もし、その壁を乗り越えようと言ったら? 一緒に来る? 全てを失うし、絶対に誰か傷つける。でももう嘘はつかなくていい」と言い、冴の頬に手をあててキスをした。

ネット上では、正樹と冴のキスシーンに対し「史上最高にドキドキした!」「美しいキスだった……!」「待望のキスシーン」「2人とも報われてほしい」との声があがっていた。

次回第8話は9月1日に放送。離婚を決意した正樹の元に、愛菜美が繁華街でひったくりに遭い、転倒した際に頭を打って病院に運ばれたという知らせが入る。

PICK UP