浅香航大“涼”の告白に飯豊まりえ​​“朱梨”が泣ける一言「最高のバディ」

公開:
浅香航大“涼”の告白に飯豊まりえ​​“朱梨”が泣ける一言「最高のバディ」

飯豊まりえが主演、浅香航大がバディとして出演するプラチナイト木曜ドラマ『オクトー 〜感情捜査官 心野朱梨〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)の第8話が8月25日に放送。ネット上では、心野朱梨(飯豊)と風早涼(浅香)のやりとりに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

今回、朱梨と涼​​は暴行容疑で逮捕された大学生・戸田大和(濱田龍臣)を取り調べ。行方不明となっている彼の父​​・家長敏則(水澤紳吾)は15年前に殺人の容疑で指名手配されていた。家長の事件を調べると、朱梨の両親が殺された事件と同じ日だった。

捜査をする中で、事件当日、家長​​の経営していた喫茶店に朱梨の父・陽介​​(東京03豊本明長​​)殺害の被疑者となっていた綿貫猛司(こがけん)が来ていたことが分かった。つまり、2人にはアリバイがあった可能性が浮上。真犯人は小野寺大伍(片桐仁)!?

そんな中、涼は朱梨に、警視庁次長・平安衛(船越英一郎)の指示で、朱梨​​らを内偵していたと告白。平安が父親であることも明かし、彼と向き合うためにも15年前の事件を解決しておきたいと伝えた。涼が頭を下げたまま謝罪すると「してたんですよね。後悔。(目を)見なくてもわかります。今の風早さんの感情なら」と朱梨​​。謝る必要はない、という彼女に意を決した涼は「徹底的に調べるぞ。15年前のすべてを」と伝えた。

ネット上では、結束が固まった2人に「最高のバディ」「泣けた」「来週が楽しみ」とのコメントがあった。

次回は9月1日に放送。朱梨と風早は、15年間隠されていた秘密にたどり着く。

PICK UP