山田涼介、水卜麻美アナから“ゴミ捨てエリート”と命名「見ていて気持ちがいい」

山田涼介、水卜麻美アナから“ゴミ捨てエリート”と命名「見ていて気持ちがいい」
最新エピソードを無料視聴

山田涼介Hey!Say!JUMP)が、8月15日に放送された『有吉ゼミ』(日本テレビ系、毎週月曜19:00~)に出演。“片付けレスキュー”のコーナーで潔くゴミを捨てていく山田に“ゴミ捨てエリート”の異名が付けられ、ネット上で「見ていて気持ちがいい」などと話題となった。

同番組は、有吉弘行が教授、水卜麻美アナウンサーが秘書を務める知的エンターテインメントバラエティ。今回は、サトミツ隊長(佐藤満春)、水卜アナと共に、芸歴9年目の芸人・おいなり達也きつね日和)の自宅で“片付けレスキュー”を実施した。

以前、同番組にゲスト出演した際、「僕も相当キレイ好きなんで、多分ある程度できると思います」と発言したことがきっかけで同企画に参加することになった山田は、「スケジュールに組み込まれていて、『嘘だろ?』って思いました」と驚いたと明かす。スタジオゲストの知念侑李(Hey!Say!JUMP)も「山田めちゃくちゃ忙しいんですよ」と、まさかロケに行っているとは思わなかったといった様子で目を丸くした。

おいなりの自宅を訪れた山田は、ペットボトルとゴミだらけの玄関と廊下に「嘘だろ?」「これどうやって入ればいいですか?」と質問。ゴミだから踏んでいいというおいなりに「捨てろよ、わかってるなら捨てな?」とツッコミを入れる。

また、部屋に放置されたままの牛乳パックの臭いチェックでは、佐藤と水卜アナの「でもやらないか」「山田くんは大丈夫です」というフリに応え「やるよ!」と率先して臭いを確認。「マジで臭いっすよ」「誰かに鼻をズンッって(されたような)」とコメントした。

まずは廊下のゴミの撤去が開始されると、山田は「使ってます? 使ってないですよね? 捨てますよこれ。ここに置いているのはゴミとみなします」と次々と断捨離。リビングでも「人生に必要ですか?」と問い、人生において不可欠でないものは全て処分するものとみとし選別していく様に、水卜アナが「ゴミ捨てエリート」という異名を付けた。

ネット上では「ゴミ捨てエリートすごい」「見ていて気持ちいい」「また出て欲しい!」といった声が上がった。