島田珠代とサバンナ八木の“カオスな音楽制作”にフット後藤「はよ作れや」

公開:
島田珠代とサバンナ八木の“カオスな音楽制作”にフット後藤「はよ作れや」
最新エピソードを無料視聴

フットボールアワー岩尾望後藤輝基)がMCを務める『るてんのんてる』(読売テレビ、毎週金曜24:30〜※関西ローカル)が7月29日に放送。島田珠代と筋肉芸人・八木真澄サバンナ)が音楽を制作する企画といった企画で、“カオスな状態”に後藤が思わずツッコミを入れる一幕があった。

読売テレビの若手ディレクターが温めてきた渾身の企画を自由に放送するチャレンジ番組。今回の企画は、珠代の“たま”と筋肉芸人の“きん”から「たま×きんmusic」と題し、島田と八木が「令和に流行る名曲」を制作することに。部屋に呼び出された2人は曲が完成するまで帰れないと言われ、見守るフットボールアワーも意味深な企画名に納得した。

楽器を扱えるわけではないのため、音楽制作は歌詞と鼻歌レベルのメロディーをスマホに録音すればOK。まず2人は曲作りの方法をギャグの作り方に当てはめ、曲先行型か歌詞先行型かを分析することに。メロディーにセリフを付け足していくスタイルの島田のギャグに後藤が「全部下半身やん」とツッコミを入れ、勢いに乗った島田はもう1つギャグを披露。全く音楽制作は進まず、もはやカオスな状態に対し、後藤から「はよ作れや」と再度ツッコミが入る場面も見られた。

その後もギャグを見せ合いつつ1時間余りが経過したところで、ようやく曲の構成が前半・おもしろワード、後半・恋愛パートの2部構成に決定。音楽に詳しい芸人・松浦真也の協力もあって順調に進むかと思われたが、得意分野であるはずの前半・おもしろワードで2人は苦戦。後藤も「(島田は)パッションでやる人やから」と紙とペンで考えるスタイルが合ってないと述べ、レオタード衣装でギャグを即興させ、八木がそれをメモした方がいいと分析した。

次回は8月5日、「たま×きんmusic」後編が放送される。

PICK UP