栗山千明“美幸”、美味しい酒を飲むためトレーニング「見習わなければ」

公開:
栗山千明“美幸”、美味しい酒を飲むためトレーニング「見習わなければ」

栗山千明が主演を務めるドラマ25『晩酌の流儀』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第3話が、7月15日に放送。お酒を美味しく飲むためストイックにトレーニングに励む伊澤美幸(栗山)に、SNS上では「見習わなければ!」といった声が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

好きな時に好きな場所で自由にお酒を飲むことが出来る現代。そんな中、“1日の最後に飲むお酒をいかに美味しく飲むことが出来るか”をテーマに掲げた新たなグルメドラマ。栗山は、本日の“至極の一杯”に全てをかける主人公・美幸を演じる。

日曜日は美幸が週に1度のジムで汗を流す日。それはダイエットや健康のためでなく、週に1度だけ許している炭水化物をツマミに晩酌をする罪悪感を減らすため。同じジムに通っている女性たちはインスタ映えや出会いを求めているのだが、美幸にとって一番重要なのは、やはり“お酒をいかに美味しく飲むことが出来るか”なのだ。

しかし、気合を入れて有酸素運動と筋力トレーニングに挑んでいる中、落としたタオルを拾ってくれたイケメン・誠也(三島涼)に心ときめいてしまった美幸。そのイケメンとランニングマシーンで隣り合わせになってしまい、思わず速度を落としてかよわいアピールをしそうになるのだが、本来の目的を思い出してイケメンより早い速度で走り切るのだった。

その帰り、いつものスーパーに立ち寄ると、台湾まぜそばの試食が。匂いにつられて購入した美幸は、そこにひと手間加えて具沢山に調理する。朝作ったプチトマトの漬物、生ピーマンを添え、今日の夕ご飯が完成。それらをツマミにビールを飲み、「ジムを頑張って良かった~!」と至福の表情を浮かべるのだった。

SNS上では「今日はモチベーションが上がる回だな」「お酒を美味しく飲むために、ジム通おうかな」「ストイックすぎる! 見習わなければ!」といった声が上がった。

次回、第4話は7月22日に放送。仕事のミスが発覚し、その手伝いで美幸は残業することに。

PICK UP