マツコ、“80年代アイドル”の振り付けに興奮!

公開:

マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)が7月19日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。この日は「80年代アイドルスペシャル」と題した総集編が放送される。

アイドルにとって振り付けは、“必要不可欠な存在”。時代を映す鏡として、様々なトレンドを生み出しながら進化を遂げてきた「振り付けの世界」を紹介してくれるのは、振り付け師歴45年の “2000曲以上振り付けた男”三浦亨さん。振り付け界のレジェンドが、あの名曲の“振り付け誕生秘話”を赤裸々告白する。そして、マツコが「この振り付けが素晴らしいの!」「かわいい~! ここ好き!!」と、“80年代アイドル”の振り付けに興奮する。

続いては「80年代アイドル衣装の世界」。今、世界で活躍するアーティストの間で、肩パッドやパフスリーブ、オーバーサイズなどの“80年代テイスト”の着こなしがトレンドになっているという。平成生まれが憧れる“ゴージャス衣装”の魅力を、懐かしい秘蔵映像を見ながら紹介してくれるのは、“自分は80年代アイドルだ”と思って生きているという、平成生まれのマリーさん、浅野ナナさん、太田由貴子さん。

バブル絶頂期には景気を反映し、どんどんゴージャスになっていったアイドル衣装だが、80年代に入ったころはかなりシンプルだったという。その80年代アイドル衣装の変遷を“前期・中期・後期”の特徴と共に振り返る。そして、マツコも驚く“トップアイドル”がサプライズで登場すると、マリーさん、浅野さん、太田さんが余りの嬉しさで大号泣する。

「卒業ソングの世界」
「卒業ソングの世界」

さらに、卒業ソングマニアの冨田明宏さんが、“卒業”をテーマにした歌謡曲を振り返る「卒業ソングの世界」も。卒業式で涙を誘う卒業ソングだが、世代ごとに様変わりしているという現状にマツコが驚愕する。さらに、あの大ヒット卒業ソングを本人が生歌で披露する。

なお前回の放送では、「みたらし団子の世界」と「噴水の世界」が紹介された。

PICK UP