栗山千明“美幸”の飲みっぷりに「最高」「ビール飲みたくなった」の声

公開:
栗山千明“美幸”の飲みっぷりに「最高」「ビール飲みたくなった」の声
「晩酌の流儀2」を見る

栗山千明が主演を務めるドラマ25『晩酌の流儀』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)が、7月1日よりスタート。栗山演じる伊澤美幸の飲みっぷりに「最高」「ビール飲みたくなった」といった声があがっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

好きな時に好きな場所で自由にお酒を飲むことが出来る現代。そんな中、“1日の最後に飲むお酒をいかに美味しく飲むことが出来るか”をテーマに掲げた新たなグルメドラマが誕生。栗山は、本日の“至極の一杯”に全てをかける主人公・美幸を演じる。

美幸は不動産会社に勤める37歳の独身。仕事に出る前にグラスを冷凍庫に入れ、晩酌の準備を整えてから出社するのが恒例となっている。そして最大限に集中して仕事を終わらせ、定時の18時ぴったりに退社。そんな彼女の背中を見て、一緒に働く島村直人(武田航平)、富川葵(辻凪子)、海野二郎(おかやまはじめ)は「いつも定時で帰りますね」「デートだろ」と会話を繰り広げる。

しかし、美幸が足を運んだ場所はサウナ。流れ出る汗と共に一日の疲れが排出され、さらに良い感じに喉が渇いたところで銭湯を出てスーパーへ。ニラ、3割引きの焼き鳥、大とろしめさば、そしてビールを購入し、家に帰って調理を開始。「しめさばカルパッチョ」「テキサス焼き鳥」「麻辣ニラ玉」「自家製らっきょう」をササッと作り上げ、待ちに待ったビールを喉に流し込み、渇きを潤す。

1度ビールを注いだグラスは温度が上がっているからと、冷やしていた新しいグラスを使って2杯目に突入。美幸は「食材費とお酒代を合わせてざっと1000円。たったこれだけで最高の一杯に出会えるなんて、私は家飲みの天才なのかもしれない」と自画自賛してほくそ笑むのだった。

SNS上では「最高」「なんてビールを飲みたくなるドラマなんだ」「ヨダレが止まらない!」「面白そうだと思ったけど、期待を超えて来た」といった声が見られた。

次回、第2話は7月8日に放送。美幸は最高の晩酌を行うため、会社から自宅までスーパーを経由し約4kmの距離をウォーキングして帰ることにする。