小芝風花“澪”、六角精児“黒原”を一喝「食っちまうぞ!」

公開:
小芝風花“澪”、六角精児“黒原”を一喝「食っちまうぞ!」
「妖怪シェアハウス―帰ってきたん怪―」を見る

小芝風花が主演を務める『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の最終話が、6月4日に放送。小芝演じる目黒澪が最大の敵と決着をつけるラストに、ネット上では様々な反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、気弱で空気を読むことだけが取り柄だった澪が、ボロボロのどん底に陥っていたところをシェアハウスで暮らす妖怪たちに拾われ、やがて澪が直面するトラブルや悪い奴らを妖怪たちに助けられながら成敗し、成長していく姿を描いた異色のホラーコメディ。

若き才能を搾取するマルチクリエイター・黒原光一(六角精児)の正体が大妖怪の“だいだらぼっち”で、妖怪たちを闇落ちさせた元凶だと睨んだ澪たちは、黒原の周辺調査を開始。報告会では、黒原が日本を操る黒幕の一人であることが判明する。「今度ばかりは相手が悪い」と及び腰の沼田飛世(大倉孝二)だったが、澪はツノを生やして、「自分の夢を諦めずに書いていこうと思います」と奮起。そんな澪に感化され、妖怪たちも黒原を倒す決心をする。

和良部詩子(池谷のぶえ)の親友であるヨモツシコメ(峯村リエ)も助っ人に加わり、澪たちは好物の柿でシェアハウスにおびき寄せられた黒原を確保。妖怪たちとのすったもんだの末、ついに正体を現すかと思われたが、黒原は「柿が食べたかったよー!」と駄々をこねだしてしまう。

その後、歌で黒原の郷愁を誘った澪は「かあちゃーん! かあちゃんどこ?」と泣き出す黒原を見て、黒原の正体が“だいだらぼっち”ではなく、ただの人間だと気づく。驚く妖怪たちに、澪は「黒原さんが書いた文章を全部調べたんです。そしたら、どう見ても東北の“男おしん”みたいな幼少期だった人にしか書けない文章があって」と説明。そして、「ただの昭和のマザコンおじさんなんじゃないかと」と結論づける。

ヨモツシコメに慰められた黒原は、これまで自分に自信が持てなかったせいで若い才能を排除してきたことを告白し、澪に「若い才能はつぶしません」と約束。澪は「黒原さん、今の約束、必ず守ってください。じゃないと、今度こそ食っちまうぞ!」と念を押す。一件落着に思われたが、妖怪たちを闇落ちさせた元凶はわからないまま。澪は何かが起きていることを感じながら、仲間たちと立ち向かっていくことを決意するのだった。

映画へのつながりを感じさせつつも、一応の決着がついたラストに、ネット上では「もっと見たかった」「最後まで気楽に見れた」「映画も楽しみ」などの声が上がっていた。

PICK UP