大泉洋“篠田”、綾瀬はるか“麗子”​​に衝撃告白「どうなっちゃうの?​​」

公開:
大泉洋“篠田”、綾瀬はるか“麗子”​​に衝撃告白「どうなっちゃうの?​​」

綾瀬はるかが主演を務める月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第7話が、5月23日に放送。ネット上では、篠田敬太郎(大泉洋)の告白に驚愕する人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

原作は、宝島社主催の2021年・第19回「『このミステリーがすごい!』大賞」で、大賞を受賞した新川帆立による同名小説。敏腕弁護士の剣持麗子(綾瀬)と篠田がバディを組み、数々のミステリーを解いていくリーガルドラマ。

麗子の元彼で故人の森川栄治(生田斗真​​)が通っていた大学のミステリー研究会には、篠田というOBがいたが、すでに死亡し、もうこの世にはいなかった。では、麗子の目の前にいる篠田は何者なのか。麗子に素性を問われるも、篠田は「言いたくない」とこぼすだけ。すると、麗子はそれを了承し「言いたくないなら言わなくていい。この話はこれでおしまい」と告げた。

そんな中、麗子のかつての上司である津々井君彦​​(浅野和之)が痴漢の冤罪で捕まってしまい、津々井本人から弁護の依頼を頼まれた。会社の人間には、おたふくかぜと伝えているらしく、病欠となっている間に冤罪を晴らしてほしいという。金にならない仕事はしない主義の麗子は断ろうとするも、大手企業の仕事もつけると言われ、やる気になる。

篠田は麗子から素性を問われて以来、会うのは何となく気まずかった。しかし、麗子は変わらず篠田を頼った。

事件解決後、津々井に寿司をおごってもらった麗子と篠田。どんどん頼む篠田に、津々井が“雑用係なんだから”と遠慮するよう促すと、麗子はきっぱりと「篠田は雑用係じゃありません。私の助手です」と言い放った。

その後、事務所で2人きりになると、篠田が麗子の前に壺を差し出した。その中から出てきたのは、複数のパスポート、保険証、免許証。顔写真は彼の顔だが、名前はどれもデタラメ。篠田は麗子に「僕が何者なのか、言いたくなければ言わなくていいって言ってくれたよね。ありがとう。嬉しかった……。僕は篠田敬太郎じゃない。僕は殺人犯なんだ​​」と告げた。

ネット上では、篠田のこの告白に「どうなっちゃうの?」「ゾッとした」「何者なの?」​​との反応があった。

次回第8話は5月30日に放送。篠田は麗子に6年前にある島で起きた殺人事件に巻き込まれ、​​殺人犯として警察から追われていることを告白する。

PICK UP