インビジブルのカギを握る“キリシマ”の姿に驚きの声「まさかこの人が!」

公開: 更新:
インビジブルのカギを握る“キリシマ”の姿に驚きの声「まさかこの人が!」

高橋一生柴咲コウがW主演するドラマ『インビジブル』(TBS系、毎週金曜22:00〜)の第5話が5月13日に放送。インビジブルを巡る新たな真相が明らかとなった(以下、ネタバレを含みます)。

3年前の事件にキリコ(柴咲)が関与したという話が納得できない志村貴文(高橋)。「インビジブルに殺害を依頼された」と取り調べで証言した武入綾人(鈴之助)と会うが、真犯人は武入ではないと確信する。警察の上層部は事件の犯人を武入と断定し、検察へ移送しようとするが、その途中で何者かに襲われ、武入が連れ去られてしまう。志村は急いで“民宿”へと向かうが、すでにキリコは行方をくらませた後だった。

鑑識の近松延武(谷恭輔)に協力を依頼し、キリコの行方を追う志村。捜査一課長の犬飼彰吾(原田泰造)は上層部からインビジブルを切るよう指示されるが、事件の被害者である仲間、安野慎吾(平埜生成)への思いをにじませ、志村の行動に目をつぶる。

志村はハッカーのラビアンローズ(DAIGO)の協力を得て、報酬と引き換えに犯罪者の逃走を助ける“逃がし屋”へ接触。キリコがなりすました“キリシマ”という人物の存在が浮上する。さらにラビアンローズと近松がキリコになりすましてインビジブルのシステムに潜入し、志村はようやくキリコを見つけ出す。

キリシマが3年前の事件のカギを握る人物であることを知った志村は、キリコとともにその行方を追うが、ふたたび武入が何者かに連れ去られてしまう。電波ジャックで現れた謎の男は、2人にあるものを要求して……。

ネット上では「これからどうなるの」と困惑の声が。さらに、インビジブルのカギを握る“キリシマ”の姿に、「まさかこの人だったとは!」と驚きの声が上がっていた。

次回、第6回は5月20日放送。キリコとキリシマの関係、そしてインビジブルの“正体”が明らかとなる。