木村拓哉“桐沢”がナイスフォロー!?高橋海人“伊庭”の愛の告白に「胸熱」

木村拓哉“桐沢”がナイスフォロー!?高橋海人“伊庭”の愛の告白に「胸熱」
最新エピソードを無料視聴

木村拓哉主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第4話が、5月5日に放送。ネット上では、伊庭海斗(King&Prince高橋海人)のボクシングシーンに、胸を熱くしたというコメントがあった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、これまでに『HERO』『CHANGE』(ともにフジテレビ系)で木村とタッグを組んだ福田靖のオリジナル脚本。生きる希望を完全喪失している男・桐沢祥吾(木村)が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く。

インターハイ予選まで残り約1か月。部員たちの練習にも力が入る中、3年の伊庭と2年の玉乃井竜也(坂東龍汰)が、喧嘩寸前のバチバチに。止めに入った桐沢が話を聞くと、2人は、マネージャーの西山愛(吉柳咲良)をめぐって、恋のライバル関係だったことが発覚する。

自分の誕生日に告白するという玉乃井に対し、落ち着かせる桐沢。西山は予選に向けて部員たちを支えてくれているため、いまは試合に集中しろ、と指示を出した。一方、自分の気持ちを止められない伊庭は、最後の試合に勝って西山に告白すると宣言。「リングの中心で『西山愛』と叫ぶ!」と誓った。

さまざまな思いがめぐる中で、いよいよ予選が始まった。伊庭の相手はインターハイ出場経験者。試合のゴングが鳴ると、桐沢の教え通り、ワンツーを中心に攻めていく。最終ラウンドには、桐沢の友人・甲斐誠一郎(安田顕)に教えてもらった必殺フックを繰り出した。しかし、結果は判定負け。うなだれる伊庭に、桐沢は「告れ。お前最高だったんだから、堂々とリングの中心で告ってこい」とささやく。

意を決してリングの中心に立った伊庭が「西山愛……好きだー!」とストレートに告白。だが、彼女からは「無理です」の返事が。伊庭はフラれて涙するが、彼なりにスッキリしたようで……。

ネット上では、伊庭の激しいボクシングシーンに「夢中になった」「涙した」とのコメントが。桐沢に促されて告白したシーンには「かっこよかった」「胸が熱くなった」とのコメントがあった。

次回は5月12日に放送。とうとう桐沢がクビに!? そんな中、大阪からボクシング経験者の西条桃介(村上虹郎)が転校してくる。

画像ギャラリー