松本妃代“リツコ”、渡邊圭祐“大介”と離婚宣言!健気な思いに「幸せになって」

松本妃代“リツコ”、渡邊圭祐“大介”と離婚宣言!健気な思いに「幸せになって」
最新エピソードを無料視聴

土屋太鳳が主演を務め、松下洸平と共演する木曜劇場『やんごとなき一族』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第3話が、5月5日に放送。深山家三男の大介(渡邊圭祐)・リツコ(松本妃代)夫婦を中心としたストーリー展開に、SNS上では「幸せになって」など2人の前途を祈るコメントが寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、講談社「Kiss」で連載中のこやまゆかりによる同名コミックが原作。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった下町育ちの主人公が、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄されながらも、夫とともに真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”。

同じ誕生日の佐都(土屋)と健太(松下)は、互いの誕生日を祝おうと旅行を計画するも、健太の父・圭一(石橋凌)の策略により福岡出張を入れられた挙句、佐都は「くれぐれも健太の足を引っ張ることはするな」と釘を刺される。

リツコ(松本妃代)、佐都(土屋太鳳)
リツコ(松本妃代)、佐都(土屋太鳳)

健太が圭一と出張に出かけた日、佐都は義妹の有沙(馬場ふみか)に呼び出される。有沙は深山家所有のクルーザーで遊んだ後の片付けを佐都に頼んだのだ。断り切れない佐都が掃除をしていると、そこにリツコが現れ、事情を聞くと佐都の誕生日パーティーを開催してくれることに。

しかし、その最中にスマホを見つめ顔を曇らせたリツコは、急遽パーティーをお開きにして佐都と共にクルーザーに向かう。実はリツコは、大介の浮気を疑いクルーザーにGPSを仕掛けていたのだった。佐都はその執念に驚きつつも、深山家の愛人の流儀に異議を唱えている者同士、大介の浮気を暴くことに加担。大介はリツコとは「もう無理だ」と離婚を決意するのだった。

健太(松下洸平)は父・圭一(石橋凌)と福岡出張へ
健太(松下洸平)は父・圭一(石橋凌)と福岡出張へ

一方、健太は出張先でリツコの実家であるザラスグループと新事業を始めようとしており、うまくまとまりかけていたところに2人の離婚問題が浮上したことから圭一は大激怒。大介は健太に、リツコは佐都にそれぞれが抱えてきた苦悩を打ち明ける。そしてリツコは、大介が浮気をするたびに購入した高級品の数々を売り、前に進むことを決意するのだった。

後日、リツコの父が深山家を訪れたタイミングで、リツコは「大介さんのことを一度も愛したことがない」と嘘をつき、離婚を宣言。大介も頭を下げ圭一に離婚することを承諾してもらうとするが、頑として受け付けない圭一。すると佐都が、2人の決断を応援すると言い出し……。

佐都(土屋太鳳)はリツコの決断を応援するが…
佐都(土屋太鳳)はリツコの決断を応援するが…

SNS上では、当初は佐都に対して当たりが強かったリツコの健気な思いに「すごくいい子」「幸せになって」「切ない」といった声のほか、ドラマのメインビジュアルにリツコの姿がないことから「だからか」「もう出ないのかな」といったコメントが寄せられた。

次回、第4話は5月12日に放送。圭一の思惑により新たな試練を与えられた健太の前に、年齢、国籍、性別が不明のマダムキリコ(長谷川京子)が現れる。

画像ギャラリー

PICK UP