岩崎う大“小豆沢”、金ぴかマントの謎の妖怪に!?

岩崎う大“小豆沢”、金ぴかマントの謎の妖怪に!?
最新エピソードを無料視聴

小芝風花が主演を務める『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第5話が、5月7日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

本作は、小芝演じる気弱で空気を読むことだけが取り柄だった目黒澪が、ボロボロのどん底に陥っていたところをシェアハウスで暮らす妖怪たちに拾われ、やがて澪が直面するトラブルや悪い奴らを妖怪たちに助けられながら成敗し、成長していく姿を描いた異色のホラーコメディ。

前回放送された第4話で、澪は、たまたま外資系IT企業で働く小暮梢(武田梨奈)の窮地を助けたことをきっかけに、梢の会社で雇ってもらえることに。シェアハウスの妖怪たちにも応援されながら、意気揚々と初出社した澪は、梢から配属先の出版部門の編集長・上竜樹(安井順平)を紹介されて驚く。上はかつて澪が小説を売り込んだ際、小説をろくに読みもせず酷評したうえにその原稿を澪の目の前でゴミ箱に捨てた因縁の相手で……。

<第5話あらすじ>
目黒澪(小芝)が書いた「AIの限界」をテーマにした記事によって、AIロボをペットのように可愛がる大作家・大河内(木村靖司)から連載を打ち切ると言われるほど激怒させてしまい、編集長・上竜樹(安井)から澪だけでなく、編集者の小豆沢流(岩崎う大)までもが責任を取ってクビを言い渡される。すると、怒り狂って金ぴかマントの謎の妖怪と化した小豆沢が、銭つぶて攻撃で澪に襲いかかる。

間一髪のところでのんべ(毎熊克哉)とぬらり(大倉孝二)が助けに入り、シェアハウスに連れ帰ったぬらりたちは、「ショキショキ」と口走ることから、小豆沢の正体が小豆を数えるのが得意な妖怪・小豆洗いだと見抜く。いつの間にか闇落ちして銭洗いとなってしまっていた小豆洗いが、自分同様に上の呪いにかかっているのではと疑う澪だったが、そこへ突如、天神様=菅原道真公(山内圭哉)が現れ、呪いより強い力の存在を伝える。再び奮起する澪と小豆洗いは、怒らせてしまった大河内に謝罪して、説得しようとするが、澪たちは思いもよらない方法で大河内と対峙することになり……。

画像ギャラリー