安藤政信“カーン” 、不老不死を提唱する役どころに「ミステリアス」

安藤政信“カーン” 、不老不死を提唱する役どころに「ミステリアス」
最新エピソードを無料視聴

ディーン・フジオカが主演を務める土曜ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第2話が、4月30日に放送。安藤政信演じる新キャラの登場に、ネット上では「怪しい」「ミステリアス」などの声が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は警視庁に創設された科学犯罪対策室が舞台の刑事ドラマ。室長の小比類巻祐一(ディーン)は、天才科学者の最上友紀子(岸井ゆきの)や元捜査一課の長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)らと共に、最先端科学にまつわる事件の謎を解き明かしていく。

プロeスポーツの選手が、頭から煙を噴き出して死亡する事件が発生。小比類巻らは法医学者・柴山美佳(三津谷葉子)の報告により、被害者の脳に埋め込まれていたマイクロチップの発火が死因だと知る。チップは反射神経などの能力を向上させるためのもので、被害者と同じチップが埋め込まれている可能性が高いチームメイトの三ツ矢純(吉田健悟)と坂東春敏(松田陸)の行方も分かっていなかった。

後輩・三枝益生(佐藤隆太)の情報によって、科学の力で不老不死を目指しているボディハッカージャパンという団体が怪しいと睨んだ小比類巻らは、代表のカール・カーン(安藤)と接触。カーンは、能力向上のチップは実用段階にはないと説明し、関与する人物として、以前団体に所属していたチップの開発責任者で脳神経外科クリニックの院長・鮎川智彦(今野浩喜)の名を挙げる。

三ツ矢と坂東は鮎川に囚われており、小比類巻の追求を逃れた鮎川は2人を連れてクリニックから逃走。その不自然な行動に、小比類巻は鮎川の本当の目的がチップを使って人の意識をコンピューター上に移す“精神転送”だったことに気づく。小比類巻と長谷部は、逃亡先の電流試験場で鮎川と対峙。そこでは、まさに精神転送の実験が行われようとしていた。

一方、鮎川の説得を依頼するために団体本部を訪れた最上は、カーンから精神転送の被験者は脳死状態になることを聞かされる。永遠の命を手に入れるため、鮎川は自ら実験台となるが、精神転送の成否は誰にも分からないままだった。そして、小比類巻はカーンの提唱する不老不死に関心を寄せ……。

ネット上では、謎の男・カーンを演じた安藤に対し、「ミステリアスな役似合う」「すでに怪しい」などの声が上がっていた。

次回第3話は、5月7日放送。山梨の研究所で遺体が自ら歩いて行方不明になるという事件が発生し、小比類巻らは捜査にあたる。

画像ギャラリー

PICK UP