高橋一生“志村”&有岡大貴“磯ヶ谷”、タッグでの格闘に反響「緩急が凄い」

公開:
高橋一生“志村”&有岡大貴“磯ヶ谷”、タッグでの格闘に反響「緩急が凄い」

高橋一生柴咲コウがW主演するドラマ『インビジブル』(TBS系、毎週金曜22:00〜)の第3話が4月29日に放送。高橋演じる志村貴文、有岡大貴演じる磯ヶ谷潔と、ゲスト出演の要潤演じるクリミナルズの格闘シーンに反響が上がった(以下、ネタバレを含みます)。

女性殺害の容疑を着せられ、逮捕された志村貴文(高橋)。防犯カメラの映像が証拠となって嫌疑は晴れるが、被害者の遺体をショーウィンドウに飾るクリミナルズ「演出家」の存在が明らかとなる。

キリコ(柴咲)は「演出家」が次の犯行を計画していると語り、志村を犯人に仕立て上げることで“真犯人”をおびき出す作戦を提案。やりとりを遠隔で見ていた捜査一課課長の犬飼彰吾(原田泰造)は「警察組織全体の問題になる」と猛反対するが、志村はキリコの提案に乗り、志村の“逮捕”がマスコミを通じて報じられる。

一方、キリコはハッカーのラビアンローズ(DAIGO)に「演出家」の動きを探るよう依頼。得られたキーワードを手がかりに張り込むが、確保を指示された磯ヶ谷はトイレに行って無線に出ず、「演出家」を取り逃してしまう。

志村は、「現場に甘い匂いがした」という捜査資料の情報から、一部のセレブの間で出回っているというドラッグの常習者に照準を定めて捜査することに。途中から磯ヶ谷も合流し、2人である家へ侵入すると、そこには3年前の通り魔事件の凶器と同じナイフのコレクションが。思わず呆然とたたずむ志村の背後に、「演出家」が襲いかかる。

なすすべもなく、一方的に攻撃され続ける志村。磯ヶ谷も助けに向かうが、太刀打ちできない。「演出家」はナイフを片手に2人をプールサイドまで追い詰めるが、磯ヶ谷が見つけ出したあるものをきっかけに形勢が逆転して……。

ネット上では「緩急の差が凄い」「戦うシーンにハラハラした」との反響が寄せられた。

次回、第4回は5月6日放送。ゲストに松下由樹を迎える。