大泉洋“篠田”が歌った鼻歌にTEAM NACS​​ファンが反応!?「吹いた」

大泉洋“篠田”が歌った鼻歌にTEAM NACS​​ファンが反応!?「吹いた」
最新エピソードを無料視聴

綾瀬はるかが主演を務める月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第3話が、4月25日に放送。ネット上では、篠田敬太郎(大泉洋)が歌った鼻歌に、TEAM NACSファンが反応した(以下、ネタバレが含まれます)。

原作は、宝島社主催の2021年・第19回「『このミステリーがすごい!』大賞」で、大賞を受賞した新川帆立による同名小説。敏腕弁護士の剣持麗子(綾瀬)と篠田がバディを組み、数々のミステリーを解いていくリーガルドラマ。

「暮らしの法律事務所」の“雑用係”として篠田を招いた麗子。大きな仕事をしたい彼女に対し、舞い込む依頼は金にならない案件ばかり。「あ〜めまいがしそう!」と愚痴をこぼしていると、彼女のもとに“武田信玄”と名乗る男から殺人事件の弁護依頼が入った。

黒丑益也(望月歩)
黒丑益也(望月歩)

今回担当するのは、不動産社長・進藤昌夫(画大)が、ゴルフクラブで頭を殴られ死亡した殺人事件。依頼人はホストクラブで働く“武田信玄”こと、本名・黒丑益也(望月歩)だった。

3か月前、実家を訪ねてきた進藤から立ち退き話を持ちかけられた黒丑。当初は物腰が柔らかかったが、最近では、人が変わったように「ここはもともと自分の持ち物。1か月以内に出ていけ!」と激昂されたという。事件当日、交渉するために不動産屋を訪れると、進藤はすでに亡くなっていたらしい。「信じてくださいよ!」という彼だが、何か怪しく……。

剣持麗子(綾瀬はるか)
剣持麗子(綾瀬はるか)

翌朝、篠田が「星空にコマンタレブー♪」と鼻歌を歌いながら屋上で洗濯。麗子が事務所に出社すると、栄治のいとこ・森川紗英(関水渚)の姿があった。開業祝いを持ってきたという紗英​​。彼女の話から麗子は、今回の立ち退き話に大きく関わっている建設会社へと出向く。

篠田の鼻歌「星空のコマンタレブー ~大門のテーマ~」は、大泉が作詞・作曲した楽曲。彼が所属するTEAM NACSのメンバーと出演したドラマ『雅楽戦隊ホワイトストーンズ』(HTB)で使用された歌で、大泉が“大門通”名義で歌っている楽曲でもある。ネット上では、そんな篠田の鼻歌に注目したファンが多く「吹いた」「耳を疑った」「好きすぎる」とのコメントがあった。

剣持麗子(綾瀬はるか)、篠田敬太郎(大泉洋)
剣持麗子(綾瀬はるか)、篠田敬太郎(大泉洋)

次回第4話は5月2日に放送。篠田が敬愛するミステリー作家が会見で殺人を告白する。

画像ギャラリー

PICK UP