石田ひかり“夏目”&江口のりこ“峰岸”の過去の確執とは?

石田ひかり“夏目”&江口のりこ“峰岸”の過去の確執とは?
最新エピソードを無料視聴

今田美桜が主演を務める水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)が、4月20日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

深見じゅん原作の大人気コミックが、30年の時を経て再びドラマ化。今田が今回初めてドラマ主演を務め、江口のりこ鈴木伸之高橋文哉向井理など豪華俳優陣が出演。また30年前の平成版『悪女(わる)』で主演を務めた石田ひかりも特別出演する。

前回放送の第1話では、今田演じる田中麻理鈴のどこまでもポジティブな姿勢に心を動かされた人が多く、「元気になれる」「水曜日にぴったり」「楽しいドラマ」といった声がネット上であがっていた。

<第2話あらすじ>
「出世したら何でも好きなことができる」という峰岸雪(江口)にそそのかされた田中麻理鈴(今田)は、出世すれば憧れの“T・Oさん”(向井理)に会えるかもしれないと期待し、「出世します!」と宣言。峰岸が何かを企む中、麻理鈴は突然「人事部」に配属されることになった。

「人事部」で麻理鈴を待ち受けていたのは、課長の夏目聡子(石田)。男性優位の社内で出世するために「女は男の2倍頑張らないといけない」と考える夏目は、他の女性社員を徹底的に支配&攻撃する態度から“女王蜂症候群”と陰口を叩かれていた。早速、夏目は麻理鈴にも厳しく接するが、前向きな麻理鈴には厳しい彼女のシゴキも通用せず、それどころか「女王蜂、カッコいい!」と懐かれてしまう。

そんな麻理鈴に、ほんの少しだけ心を開き始める夏目。しかし、夏目と峰岸の間にあった過去の確執が、麻理鈴の行く手に大きな影を落とすことになり……。 

人事部で社員名簿を調べた麻理鈴は、ある作戦を使って“T・Oさん”探しに励む中で、小野忠(鈴木)が“T・Oさん”ではないかと目星をつける。時を同じくして、夏目が仕切るリーダー研修を手伝うことになり、部の極秘資料である早期退職候補者リストに名前が載っていた三瓶花子(阿佐ヶ谷姉妹渡辺江里子)と、小野と共に研修を受けることに。遂に“T・Oさん”と再会できると胸を弾ませる麻理鈴だったが、その直後に大失敗をしでかしてしまう。

画像ギャラリー