向井理“官能小説家”、どんな美女が現れるのか妄想を膨らませ…

向井理“官能小説家”、どんな美女が現れるのか妄想を膨らませ…

向井理北村有起哉が出演するドラマ25『先生のおとりよせ』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)が、4月8日から放送スタート。

同ドラマは、2013年から2018年までpixivコミックで連載された中村明日美子(漫画家)・榎田ユウリ(小説家)による「先生のおとりよせ」(クロフネコミックス/リブレ刊)が原作。実在する「おとりよせグルメ」を軸に、漫画と小説のリレー形式で紡がれる作品を数々のグルメドラマを生み出してきたテレビ東京が、連続ドラマ化。

主演の向井は、ドSで不愛想な官能小説家・榎村遥華役を。北村は、小説家の榎村とタッグを組んでコラボ作品を執筆することになる、明るくフェミニンでドМな美少女漫画家・中田みるく役を演じる。性格も考え方も真逆な二人の、笑って泣ける(!?)おとりよせライフがスタート。

<第1話あらすじ>
官能小説家の榎村遥華(向井)はある日、漫画家とのコラボ作品執筆の話を持ち掛けられた。一度オファーを断るが、コラボ相手が榎村の大好きな巨乳キャラの生みの親・中田みるく(北村)と聞かされ会ってみることに。

初対面を前に、いったいどんな巨乳美女なのかと妄想を膨らませ、中田に喜んでもらえそうな“おとりよせ”を用意するが……。

画像ギャラリー

PICK UP