白石麻衣『名探偵コナン』で声優初挑戦「夢を見ているような気分」

公開:

アニメ『名探偵コナン』の劇場版最新作『名探偵コナン ハロウィンの花嫁(はなよめ)』(4月15日公開)の完成“披露宴”舞台あいさつが4月5日、都内で行われ、本作の声優を務める江戸川コナン役の高山みなみ、毛利蘭役の山崎和佳奈、降谷零(安室透)役の古谷徹高木渉役の高木渉、ゲスト声優を務めた白石麻衣が登壇した。

本作は青山剛昌による人気コミックスのTVアニメシリーズを映画化した劇場版『名探偵コナン』の第25作。渋谷の街を舞台に未曽有の大事件に挑むことになるコナンの活躍を描く。白石は本作で、声優初挑戦。爆弾犯に復讐を誓うロシア人部隊を束ねるリーダーのエレニカ・ラブレンチエワを演じる。

この日の会場は本作のタイトルにちなみ、披露宴会場を模したステージが用意され、白石はコナンにエスコートされ壇上に上がった。本作への参加の感想を問われると、「本当に夢を見ているような気分」と感慨深げな表情で、「私も小さい頃から『名探偵コナン』を見てきて、まさか自分が声優をやらせてもらえる日が来るとは思ってもみませんでした。今日は大事な日になりました」と笑顔で話す。

演じたエレニカについても「かっこよくて、まっすぐな女性。私とは真逆のタイプです」と紹介。「私にない部分をたくさんエレニカは持っているので、演じていてかっこいいなって思っていました。魅力的な部分がたくさんあるキャラクターなので、そのあたりもみなさんに見てもらいたい」とアピール。今作で外国語の台詞にも挑戦しているといい、「(個人的に)いろいろな言葉を習得したいと思いました。まずは英語からはじめてみたい。海外に行けるようになったら、一人で海外に行くのも夢」と話す。

そんな白石の声優ぶりに対して、高山は「全然声優初挑戦だとは思えなかった。素敵でしたよ」と声をかける。山崎も「難しい役どころなのによくやられていたと思います」、高木も「外国語の部分もうまくこなしていました」と絶賛。白石はまた、本作に参加したことで改めて『名探偵コナン』シリーズの魅力を再認識したといい、「やっぱりコナンくんはじめ、一人ひとりのキャラクターが素敵だなって感じました。最初から最後まで全てが見どころという感じです。早くみなさんの元にこの作品を届けられる日が来れば嬉しいなと思っていました」と述べる。

『コナン』参戦で家族など、周囲からの反響もすごかったといい、白石は「家族から連絡が来ましたし、友達で『コナン』が好きな子から連絡がきて、『何十回も見るからネタバレ言わないでね』と言われました」と嬉しそうに語った。

高山みなみ
高山みなみ
山崎和佳奈
山崎和佳奈
古谷徹
古谷徹
高木渉
高木渉
白石麻衣
白石麻衣

画像ギャラリー

PICK UP