「誰が犯人か気になって仕方ない」SNSで話題沸騰のドラマ「めぐる未来」。担当プロデューサーが語る萩原利久・早見あかり2人との撮影秘話と作品誕生について。【ノーカット掲載】

公開: 更新: 読みテレ
「誰が犯人か気になって仕方ない」SNSで話題沸騰のドラマ「めぐる未来」。担当プロデューサーが語る萩原利久・早見あかり2人との撮影秘話と作品誕生について。【ノーカット掲載】

 萩原利久主演、早見あかり共演の連続ドラマ『めぐる未来』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)。「愛する妻はなぜ死んだのか?」を巡って物静かな男が“病の力”で妻を救おうともがく、新感覚タイムリープ・サスペンス。
 初回放送後、妻の転落死について、「みんな怪しすぎて予想つかない」、「誰が犯人か気になって仕方ない。」「すごいハラハラした」といった反響の声がSNSに上がっている。そんな注目が集まるドラマ『めぐる未来』の山本晃久プロデューサーにインタビューを実施。作品の誕生秘話と萩原利久と早見あかりの撮影秘話を聞いた。

©辻やもり/芳文社/ytv (19192)

単純なタイムリープ作品ではない深みのある内容に惹かれドラマ化を決意。

Q.『めぐる未来』をドラマにしようとしたきっかけなどはありますか?

山本P:1月期のドラマ企画を立ち上げるにあたって考えたのは、シンプルでわかりやすいエンターテイメントにしたいということでした。前回担当したドラマがヒューマンドラマだったということもありますし、私自身がこれまで経験していなかったジャンルに挑戦してみたいと言う気持ちがありました。そこで出会ったのが「めぐる未来」です。
 “過去に戻る”という要素は、本来であれば非常に便利な“能力”になるはずのところを「めぐる未来」では、主人公の未来にとってこの能力は“呪いの病”であり、それ故に人と接しない孤独な人生を主人公は送ってきた、という設定がこれまでになくて興味を持ちました。また、めぐるを殺した犯人は誰なのか、という謎解き要素だけではなく、孤独に生きてきた未来がめぐると出会い、そしてめぐるを救う中で人と出会い、“家族”というものに向き合っていく姿も描かれていて、単なるサスペンスドラマだけではない深みがあると感じ、ぜひドラマ化したいと思い今日に至っています。あとは、世間的にもタイムリープや異世界転生などの設定を受け入れてくれる土壌が出来ていた、というのも今回の企画に決めた要因でもあります。
 台本を作る中で難しかった箇所はたくさんありました。まず、原作全5巻からドラマ全10話にする際に、どの部分をオリジナル要素として膨らませていくのかに悩みました。結果、原作にはない登場人物(刑事の時任まこと)を設定したり、未来が病を発症し過去へ戻る回数や、めぐるの死ぬ回数も大きく変わりました。原作を読まれた方は、ぜひ比較しながら楽しんでいただければと思います。また、通常は撮影が始まった時には、まだ後半の台本が出来ていないということが多いのですが、今回はクランクインの前に最終話までの台本を作って撮影に臨みました。
 というのも、何度も同じ場面にタイムリープするため、そのシーンは一緒に撮る必要があるのと、話数が進んで真相が分かってくる時のために伏線を張って、後出しじゃんけん的にならないようにしたかったからです。実際の撮影でも、いきなり第1話と最終話のシーンを撮る、ということが起きていました。
 映像的には、内容が暗い方向になりがちですので、あえて明るくてきれいな色合いの画にしています。それが、幸福な瞬間はより幸せそうに、絶望の瞬間はより残酷に見せる効果を生んでいると思います。

ぼんやりする萩原に気合いを入れる早見。撮影の合間も夫婦のようなコンビネーションを見せる二人。

Q.シリアスな作品ですが撮影中の雰囲気などはいかがですか?

山本P:ドラマ自体は、何度もめぐるが死んでしまう、というシリアスな内容ではありますが、現場は明るくて活気に満ち溢れています。スタッフの行いがいいのか、天気には本当に恵まれていて、すごく順調に撮影が進んでいます。印象的な撮影として、年末の海岸のロケで、アクシデントで撮影するものがなくなってしまった日があったのですが、あまりに天気が良くて風もない絶好のコンディションだったので、急遽未来に出会った頃のめぐるのカットを撮ることにしたのですが、これが最高にいい画で、物語にかかせないシーンになりました。
 萩原さんと早見さんは、撮影の合間には夫婦としての関係性が深まるようにコミュニケーションを密にとられていて、その姿がまさに未来とめぐるのキャラクターに重なって見えます。萩原さんは朝が極端に弱く、ぼんやりしながら現場にやってくるのを早見さんが気合いを入れる、というのがルーティンですね。萩原さんはほんわか現場が優しくなる空気感を持っていて、公園での撮影中に上着のフードに鳩が入ってきたこともありました。まさかの出来事にその場にいた役者もスタッフも笑顔になりました。

感情を爆発させる萩原の演技に注目して欲しい!!

©辻やもり/芳文社/ytv (19198)

山本P:萩原さんは、物静かな役柄のイメージを持っている方が多いかもしれませんが、今回は最愛の妻を救うなかで、感情を大きく爆発させるシーンがたくさんあり、日々の撮影の中で、萩原さんの今まで知らなかった側面を発見しお芝居に昇華させていますので、視聴者の皆さんには、そうした萩原さんの新しい魅力を見て頂ければと思っています。
 早見さんは本当に太陽のような存在で、現場に来られると現場がパッと明るくなりますので、いるかいないかでずいぶん現場の雰囲気も違うと思います。もう一つ早見さんのすごい所は、めぐるのキャラクターを体現しているところですね。めぐるの発言の中には、漫画なら成立するけど、実際に生身の人間が言ったら「そんなこと言う?」と引いてしまうものが結構あり、私たちはどう見えるのだろうかと不安に思っていました。ですが、その悩みは一瞬で吹っ飛びましたね。早見さんがセリフを発すると、違和感なく受け入れられて、そこは早見さんでなければ成立していなかったと思います。
 また今回ドラマの監督を務める久万監督とは、クランクインした頃は特に、それぞれのシーンでどういうテンションでお芝居をするかを細かく確認していました。萩原さんと久万監督は以前にも一緒に仕事をしたことがあるので関係性も抜群でした。

©辻やもり/芳文社/ytv (19200)

過去の様々な出来事に翻弄される未来はめぐるを救えるのか?

Q.『めぐる未来』の今後の見どころを教えてください。

山本P:めぐるの死が自殺ではなく、何者かに命を狙われていたことがわかり、未来はあらためてめぐるの職場の人間の中に犯人がいるのではと疑惑を向けます。めぐるの親友だった干支ゆりかに協力を頼み、犯人を炙り出そうと動き出すのですが、未来の思惑通り事は進むのでしょうか。これからさらに未来は過去へループすることで、様々な出来事に翻弄されていきます。一体、未来は何度過去へ戻るのか?めぐるは何度殺されるのか?
犯人は誰なのか?そして、未来はめぐるを救うことはできるのか?
何回も番組を見て頂き、考察しながら楽しんでいただければと思います。

【木曜ドラマ】萩原利久主演・早見あかり出演「めぐる未来」第3話 PR動画ロングver.【2月1日(木)よる11時59分放送】

PICK UP