注目のジャパンカップ前!万馬券を当てた小五郎の運命は?アニメ『名探偵コナン』

公開: 更新: 読みテレ
注目のジャパンカップ前!万馬券を当てた小五郎の運命は?アニメ『名探偵コナン』

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)11月25日は2011年のデジタルリマスター版となる『犯行現場は激セマ店』が放送された。

毛利小五郎はゴールデン横丁の小料理屋「さつき」にいた。他には常連客の会社員・中村進、日舞講師・扇千尋、フリーター・篠原真雄がおり、店内は四人の客だけでいっぱいだ。女将・三島さつきは狭いカウンター内で接客するために工夫をしているらしい。常連客たちと親しくなった小五郎は話に花を咲かせる。扇がトイレに立ったのをきっかけに店の外に出る小五郎たち。各々が用事を済ませ店に戻ろうとすると絶命したさつきの姿があって……というストーリー。

店内の客たちはみんな競馬好き。結果はあまり良くなかったようで愚痴をこぼす中、小五郎が自慢げに取り出したのは万馬券だった。当たったことで気分が良かった小五郎は、客たちに酒をふるまうことにする。

実際に翌日がジャパンカップだったこともあり、SNS上は「コナンでも競馬!」「小五郎当ててるじゃん!」「明日のジャパンカップに合わせたのかな?」と盛り上がり、小五郎にあやかって三連単を買おうとしている視聴者も現れた。

ストーリー上では、事件が解決したあとに馬券を確認したコナンと蘭が百円馬券だと気が付く。結局、奢ったことで赤字になったというオチだった。果たして、全国の競馬好きの視聴者に小五郎のご利益はあったのだろうか?

【文:山田 奈央】

PICK UP