草間リチャード敬太と福本大晴が「琵琶湖の生態系を守る高校生」の"夢"をお手伝い

公開: 更新: 読みテレ
草間リチャード敬太と福本大晴が「琵琶湖の生態系を守る高校生」の"夢"をお手伝い

今年で46回目を迎える『24時間テレビ』。
関西ローカル枠ではAぇ! group(関西ジャニーズJr.)による今年のテーマ、 「明日のために、今日つながろう。」にちなんだ様々な企画の実施が決定。

毎朝5時半に琵琶湖で魚を獲り、毎日変化する琵琶湖の様子をつぶさに観察する“琵琶湖が好きすぎる高校生”こと15歳の黒川琉伊(るい)くん。
これまで琵琶湖に4000日以上通い、琵琶湖の魚のみを描いた絵本を出版。近所の子供たちを集め、琵琶湖清掃活動まで行うほど琵琶湖を愛してやまない黒川くんには「琵琶湖で獲れた生物を展示した水族館をプロデュースしたい」という夢が!
今回は、彼が幼い頃から抱いている壮大な夢を叶えるためリチャードと福本が全力でお手伝いする。
さらに3人で完成させた「びわこリウム」は26日(土)、27日(日)に読売テレビ本社2階で展示予定なのでそちらもお見逃しなく!

今年の24時間テレビは2023年8月26日(土)、8月27日(日)に放送される。

PICK UP